イランについて 米国とイスラエルがイランの核保有を恐れる訳

米国・トランプ大統領が、イランとの核合意離脱を決定しました。 核合意で制限された核開発以外の、 弾道ミサイル開発 ミサイルや関連技術の拡散 テロ支援 シリアやイエメンの内戦を悪化させる暴力的活動 なども制限するためです。 トランプ大統領は、世界中…

今日のプーチンさん25 クリミア半島はすでにロシア領

ロシアは、2014年にウクライナのクリミア半島を一方的に併合しました。 併合の理由として「半島にはロシア系住民が60%居住しているから」だそうです。 戦争になることを嫌うEUや米国がウクライナを見棄てたため、そのまま実効支配されています。 5月15日に…

米国 未だに「刀狩り」もできない国“THIS IS AMERICA”(Donald Glover)

「日本は素晴らしい」式の礼賛番組がさかんにTVで流されています。 個人的には「素晴らしい」国であると思っていますが、いつも日本の悪口を垂れ流しているTVなどがそれをすると、なにか魂胆があるのかと警戒しています。 TVなどの大手マスコミは、一方的な…

今日の中国62 ヘッドギアで脳波も監視する国家

とうとう人民にヘッドギアをかぶせて、心まで読み取るつもりです。 独裁国家がハイテクを駆使できるようになると、完璧な監視国家になるようです。 工場の労働者、軍人、病院の患者(医療関係者も含む)、鉄道の運転手、航空機のパイロットなどに脳波を読み…

AIは世界を数学的に判断しているだけ、で終わるかな

近未来には、人間の仕事の大半をAIがしてくれるそうです。 文章も絵も描けるとか。 すでにチェス、将棋、囲碁などの世界では人間に勝ち目はありません。 それでもゲームをする人間がいなくなることはないでしょう。 ロシアの作家、ゴーリキーに 『もしも人間…

今日の中国61 マルクス生誕200年。礼賛キャンペーン中

「共産主義は大量殺戮を引き起こしたが、マルクスは違う」 こんな理屈が通用するのは、一度信じた自分を信じたいからです。 日本には「マルクスは素晴らしい。マルクス主義を実行した連中が間違っていただけ」と主張する学者やジャーナリストがたくさんいま…

今日も憂鬱な朝鮮半島50 北朝鮮、100億年たっても行きたくない国

北朝鮮の労働新聞が安倍首相を、 「下心を捨てない限り、1億年たってもわれわれの神聖な地を踏めないだろう」 と非難しています。 核放棄と拉致問題が解決するまで圧力を弱めない姿勢が気に入らないようです。 100億年たっても北朝鮮に行きたいとは思いませ…

今日の中国60 偽ドラえもん制作企業、再度の審査要求とか

いつものことですが、中国企業がパクっています。 福建省の企業が「ロボット猫」とのキャラクター名で商標登録していました。 これは劣化コピーそのものです。 何故、同じパクるならより良いキャラクターを作らないのでしょうか。 パクったものがオリジナル…

インド ガンジス川の沐浴、大腸菌のため危険。レア(生焼け)の死体が流れる川

聖なる川、ガンジス川から基準値の23倍のふん便性大腸菌が検出されました。 インドの地元紙すら、沐浴は危険として注意をうながしています。 10年くらい前NHKの特集では、あるインドの老人が、死ぬ前からガンジス川近辺に家族と滞在し、死ぬとその場で焼かれ…

今日も憂鬱な朝鮮半島49 金正恩と文在寅への支持が8割超えだとか

今までに一回も約束を守ったことのない国に、また騙されています。 北朝鮮は、まだ何もしていません。 いい加減にして欲しい。 韓国人の80%が金正恩を信頼し、 文在寅大統領の支持率が86%だとか。 アホでしょう。 そうでなければ、文在寅は北朝鮮のスパイ…

今日も憂鬱な朝鮮半島48 北朝鮮とアフリカ諸国、(軍事的な)経済関係は続く

北朝鮮の外務省局長がアフリカ諸国(ケニア、南アフリカ、コンゴ民主共和国、コンゴ共和国、ジンバブエ、トーゴ、マリ)を訪問しています。 金正恩が調子にのってきました。 朝鮮半島はすでに北朝鮮ペースでうごめいています。 さらに、冷戦時代から関係のあ…

今日の中国59 ゴキブリの水薬、400万人に販売済み。苦手な人は【閲覧注意】

春を通り越して、すでに夏がきたようです。 4月30日ですが、体感的には2週間ぐらい暦が早まっています。 部屋のなかでも24℃はある。 5月半ばの暑さです。 暑くなると“奴ら”が現れます。 ゴキブリです。英語圏ではcockroachですか。 昨夜、妙な気配を感じ、残…

メキシコ関係 酸のプールに放り込む殺害法はノンフィクションでした

メキシコの映画学校に通っていた3人の学生が殺害されました。 殺害方法はほとんど猟奇殺人のようで、拷問を受けた後に、遺体を酸の樽に放り込まれていました。 明らかに見せしめです。 犯人は、映画学校があるハリスコ州を拠点とする麻薬カルテル「ハリスコ…

今日も憂鬱な朝鮮半島47 南北首脳会談は予想通りの展開。恐れるのはトランプ大統領の対応

南北首脳会談が行われました。 やたらと愛想笑いをする韓国の文在寅大統領。 太り過ぎで、少し歩いただけで肩で息をする北朝鮮の金正恩。 あの映像から、南北朝鮮の平和につながると考える人は、どうかしています。 どう見ても、ボスとその舎弟の会合です。 …

今日も憂鬱な朝鮮半島46 永世中立国はハードル高すぎ。鎖国を提案します

ネットの普及のおかげで、他国の新聞を日本語で読めるようになったことは幸せです。 日本のマスコミによるおかしなフィルターがかからないので、その国の本音がよくわかります。 韓国の左派新聞ハンギョレが特に面白い。 日本で言えば、朝日新聞か東京新聞で…

米国のカルト宗教、自助グループ「NXIVM」性奴隷を現実化

米国女優のアリソン・マックが、自助グループ「NXIVM」のナンバー2であったことが問題になっています。 (可愛いのにもったいないことです) このグループはカルト宗教そのもので、指導者キース・ラニエールとアリソン・マックがトップに君臨し、 「自身を唯…

今日も憂鬱な朝鮮半島45 「非核兵器地帯」を創設しても北の核は防げない

北朝鮮が、「核実験の中止と核実験場の廃棄を行うつもり」と発言しただけで朝鮮戦争が終わり、平和になるような勘違いが横行しています。 あくまでも、「つもり」です。 制裁を中止し、援助しなければ絶対に止めるつもりはありません。 それに、まだ約束した…

今日の中国58 オーストラリア(豪州)が属国化されています

日本のマスコミはほとんど報道しないことですが、 オーストラリア(豪州)と中国の関係が悪化しています。 有り体に言えば、すっかり舐められていると表現したほうが正しい。 2015年に就任した豪州のターンブル首相は、親中国派であるとされています。 彼の…

今日も憂鬱な朝鮮半島44 日本の役割は、朝鮮半島の財布になることか

ズルズルと北朝鮮ペースで対話が進んでいく情勢になってきました。 このままでは、北緯38度線上の非武装地帯(DMZ)が消滅する可能性が大です。 非武装地帯(DMZ)とは、demilitarized zoneの略です(それでも北朝鮮は攻撃用のトンネルを掘りまくっています…

今日も憂鬱な朝鮮半島43 電磁パルス攻撃後の北朝鮮特殊部隊が怖い

電磁パルス攻撃を、北朝鮮と米軍の両者共に検討しています。 高度数十キロから数百キロの高高度で核爆発させ、その時に生じる強力な電磁波を武器にする攻撃です。 地表に核爆発の爆風や放射能の被害はありませんが、コンピュータ制御のあらゆる電子機器の機…

今日のプーチンさん24 ロシア大統領は、屈強なインテリの殺人者

またしても、プーチン政権を批判した記者が謎の死を遂げました。 シリア内戦にはロシアの民間軍事会社がアサド政権側についており、米国の爆撃によって約300人が死亡しています。 アパートから転落・不審死した記者は、この民間軍事会社がプーチンさんの指示…

今日も憂鬱な朝鮮半島42 朝鮮半島に南北連合国家ができる悪夢

中国は北朝鮮のケツ持ちをすると決めた様子です。 ケツ持ちとは、ヤクザ用語で、暴力団などの組織が商店等をその支配下に置き対価を得る行為のことです。 3月末、習近平と金正恩の会談により、北朝鮮は中国の属国であることを確認したのです。 そして、韓国…

今日の中国57 シェア自転車会社、残骸を残して全滅

経済関係の記事では中国を礼賛する傾向があります。 スピードが早いことが魅力なのでしょう。 シェア自転車もその1つ。 「日本のシェア自転車は不便」 「中国を見習うべき」 などの主張が昨年まではありました。 ところが、2018年現在、100社以上が倒産して…

今日のプーチンさん23 トランプ大統領、プーチンさんの術数にはまる

日本時間4月14日午前、米英仏軍がシリア・アサド政権に対するミサイル攻撃を行いました。 先月、反体制派に化学兵器を使用したことが原因です。 アサド政権側は化学兵器使用を否定していますが、これほど情報化が進むと隠蔽することは難しい。 トランプ大統…

今日の中国56 中国製携帯の電磁波より、中国海警局船の侵入が脅威

フランスの通信会社が中国製携帯をリコールしました。 「Hapi 30」と呼ばれる製品が、安全基準以上の電磁波を出していたことが原因です。 携帯電話の電磁波が人体に害を及ぼすか否かについては長い間警告されていますが、今だにはっきりしたことはわかりませ…

今日のプーチンさん22 米国に2正面作戦を強いるつもり

プーチンさんは、米国に2正面作戦をさせて敗北に追い込むつもりのようです。 2正面とは、中東(シリア)と朝鮮半島です。 英国への化学兵器使用を含めるならば、3正面になります。 ロシア、ヨーローッパを化学兵器で攻撃 ロンドンで化学兵器を使用されたこと…

今日の中国55 むなしい好感度調査。裁判も行われず拘束される国

世界で中国の好感度が上がっているそうです。 ただし、人民日報による報道なので眉唾ものです。 米国人は、53%が「ポジティブな見方」をしているとか。「ポジティブな見方」とは微妙な表現です。 ちょっとマシでもポジティブです。 また、南米・アフリカ諸国…

今日の中国54 監視社会のエイプリルフールはジョークにならない

中国のITテクノロジー企業が、エイプリルフール用の企画を発表していました。 テンセント:AIを活用した「カモの育成施設」を設立。カモの顔認証を行って育成状況を把握する。カモの言葉もAIで解析し中国語に翻訳。 シャオミ:「スマート・ポストイット」を…

今日のプーチンさん22 トルコも勢力範囲にするつもり

一時期トルコは、EU加盟も考えていました。 しかし、2016年7月15日のクーデタ未遂事件以降、エルドアン大統領の独裁体制になってからEUとトルコの関係は冷え切っています。 EUは自分たちの価値観から条件を押し付けすぎるのです。死刑制度も廃止しなければEU…

今日の中国53 世界第3位の武器輸出国、原則は3つのみ

中国製武器を輸入している国は55カ国を超えています。 以前は、質の悪さから一部の途上国のみと言われていました。 しかし、安価でそこそこの武器を製造できるようになり、近年どんどん輸出を増やしています。 輸出額順に並べると、 アジア太平洋地域(パキ…