メキシコ 「ミイラ博物館」のミイラって行方不明者では?

メキシコでは、2006年から2015年までの10年間に、行方不明者が27,600人以上いるらしい。(アムネスティ・インターナショナルより) この人達はもう死亡しているとみなされています。 麻薬カルテルの抗争に巻き込まれたのか、カルテルに批判的な言動をしたの…

今日の中国38 ネット上では「九不発」規制あり

中国の言論状況は徹底して管理されています。 NHKの番組ですら突然停止されて真っ黒な画面になることがよくあります。 日本人からすると相当に中国寄りな報道をしているのですが、それでも共産党には不都合な内容なのでしょう。 もちろん Facebook、Twitt…

今日の中国37 キャッシュレス化、急速に進む

中国では、キャッシュレス化が急速に進んでいます。 人口13億7000万人のうち、スマホ決済を行っているのは約8億人だとか。 総人口の60%が現金を使用していません。 アフリカで、有線電話を飛び越してスマートフォンが急速に普及したのと同じ現象です。 現金…

今日も憂鬱な朝鮮半島30 「スリーパーセル」の存在は、世界の常識です

2月11日の『ワイドナショー』、国際政治学者の三浦瑠麗氏が発言した「スリーパーセル」について。 「スリーパーセル」とは、平時には敵国内に潜入しており、指導者(この場合、金正恩)が暗殺された場合、外部との接触を一切断って、都市部にテロ攻撃をしか…

今日のプーチンさん17 米国はロシア大統領選をサイバー攻撃すべきか。やめとけ、負ける

ロシアは、米中間選挙にも干渉するのではないのかと予想されています。 米中間選挙は、アメリカ大統領選挙の中間の年に行われる上下両院、州知事選挙などの総称です。今年の11月6日に実施されます。 そんな中、アメリカから「中間選挙に干渉される前にロシア…

今日の中国36 中国は金正男を擁立するつもりだった?

殺害された金正男のことは印象深く残っています。 金正恩の腹違いの兄のことです。 2001年5月1日、偽造パスポートで入国し、家族連れで東京ディズニーランドを楽しんでいるところを逮捕されました。 当時の外務大臣田中真紀子があわてて出国させたことで有名…

今日も憂鬱な朝鮮半島29 北朝鮮に、馬鹿にされ続けた韓国

13日、北朝鮮の代表団一行がやっと帰ってくれました。 金正恩の妹金与正は、「思いっきり馬鹿にして来い」と言われていたようです。 韓国にいる間、まったくぶれない態度でした。 露骨に人を見下しています。 文在寅大統領はなんともないのでしょうか。 自分…

今日も憂鬱な朝鮮半島28 平昌冬季五輪、サイバー攻撃され放題

2月9日から始まった、平昌冬季五輪。 さっそく、ロシアと北朝鮮のサイバー攻撃を受けています。 ロシアは、国として参加させなかったことへの報復です。 国ぐるみでドーピングをしていたので、完全な逆恨みなのですが、あの国にはそんな理屈は通用しません。…

鳩山由紀夫をなんとかして欲しい

言論の自由は大切です。 しかし、訳のわからないことを、元首相の立場で講演するのはどうかしています。 誰か注意をしてほしい。日本の恥だから。 いや、注意をしてくれる人が誰もいないからあんな風になったのかも。 www.sankei.com 鳩山由紀夫元首相、米プ…

今日の中国35 習主席神格化と「顔認証グラス」現場に登場

ハイテクを駆使した、異常な宗教団体のようです。 習近平は、「教祖」のように神格化されています。 人民日報や新華社通信などの中国共産党のプロパガンダ機関からすると、習近平は「人類の進路を示し」ているとか。 昨年2017年1月に、スイスで開催されたダ…

今日のプーチンさん16 仮想ルーブルは通用するか?

以前、ロシアの仮想通貨、仮想ルーブルについて書きました。 欧米から経済制裁を受けているロシアが、制裁回避のために仮想ルーブルを開発中との内容です。 ロシア仮想ルーブルはプーチンさん次第 プーチンさんが大統領でいる間に、仮想ルーブルを作り上げる…

今日の中国34 プロパガンダのため、偽フォロワーを大量購入

プロパガンダは国家同士の見えざる戦争です。 一般に、情報戦・宣伝戦と和訳され、一定の政治勢力を思想面で浸透させるために行われます。 最近問題になっている「報道しない自由」などもプロパガンダの一種です。 マスコミの気に入らない指導者に対しては報…

今日も憂鬱な朝鮮半島27 「鼻血(bloody nose)作戦」北朝鮮には効果なし

トランプ大統領は「鼻血(bloody nose)作戦」を検討中だとか。 これは大きな賭けといってもよい作戦です。 この作戦は、アメリカの「北の核武装は絶対に認めない」意思を示すのが目的であり、北朝鮮は反撃してこないことを前提にしています。 具体的には、…

今日も憂鬱な朝鮮半島26 北朝鮮への経済制裁が効果をあげています

日米主導(国連決議)の北朝鮮への経済制裁は、思っているより効果があがっています。 中国やロシアなどの抜け道はありますが、元々貧乏な国家です。 経済制裁がボディーブローのようにじわじわと効いている。 平昌では、やりたい放題です。 韓国に対して、…

今日の中国33 中国のネトゲ依存者は矯正キャンプ送り 

ネットゲームはどの国でも何かと問題になっています。 ただ、中国では2008年からネトゲを医学的な疾患と認めるほど、ネトゲ廃人が増加しているそうです。 2月2日に20時間以上不眠不休でネトゲを続けた男性が、下半身麻痺をおこして病院に搬送されました。 搬…

今日の中国32 中国のハニートラップ恐るべし。河野外相まで罠に?

世界中の国々では、表面の外交以外の裏工作があります。 はっきりと諜報に使われている手法が「ハニートラップ」です。 海外で働く、外交関係者、報道関係者、ビジネスマンなどを狙って罠をかけます。 長期間、単身で他国に赴任している人は、そのほとんどが…

今日のプーチンさん15 ロシア、ドーピング問題の告発も命がけ

ロシア反ドーピング研究所のロトチェンコフ元所長が米国に亡命しました。 組織的ドーピングを国内で告発しようとしたところ、研究所の幹部2人が「突然死」し、あわてて亡命したようです。 ロシアでは「突然死」することは「殺害された」と同義であり、よくあ…

徴兵制度復活の話 ウクライナ、スウェーデン、フランス、バルト三国

徴兵制度がヨーロッパの国々で復活しています。 当然といえば当然でしょう。 ロシアは、2014年のウクライナ内戦によってウクライナの東部とクリミア半島を力づくでもぎ取りました。 色の濃い場所はロシア系住民が多い地区 ロシア系住民が迫害を受けていると…

今日も憂鬱な朝鮮半島25 あからさまに政治的な平昌五輪だが、首相出席は仕方なしか

正直言って、安倍首相には出席してほしくなかった。 しかし、日本人選手団や応援団だけ行かせて、朝鮮半島にほったらかしにはできないのも事実です。 彼らだけ危険な場所に送り、自らは行かないスタンスでは、国民からの支持を失ってしまう。 しかもオリンピ…

今日の中国31 野中広務死去。中国共産党と日本共産党に褒められる人

1月26日、野中広務が92歳で死去しました。 日本では、死者に鞭打つのは美しくないとされます。 しかし、野中広務は死してなお、鞭打たれるにふさわしい政治家です。 有能で人間的魅力に満ちた人物であると同時に、自民党のハト派として売国の徒でもありまし…

今日の中国30 「一帯一路」とうとう北極海航路まで狙う。権益拡大は果てしない

中国は、「一帯一路」を北極海航路まで伸ばしてきました。 温暖化の影響なのか北極海の氷が減少しています。 タンカーなどの輸送船が北極海まわりで通過できるようになっています。 その結果、北極海航路を通ると南のスエズ運河をより航行距離を約3割短縮で…

メキシコ 2017年の殺人件数過去最多 目くそ鼻くそを笑う状態だが、国の態度は羨ましい

メキシコに恨みがあるわけではありません。 しかし、現実は一般の報道より複雑です。 トランプ大統領の「メキシコは世界で一番危険な国だ」ツイッター発言に、メキシコ外務省が「世界一ではない」と一蹴したとか。 jp.reuters.com メキシコ、世界一危険な国…

ゴキブリ、寒波に負けず出没。中部大が脱皮させずに撃退する方法を開発

大寒波が日本列島を襲っています。 東京や大阪などの都市部でもマイナス℃の低気温となり、北海道の喜茂別ではなんとマイナス31.3℃になったそうです。 普通の装備で野外に出れば数分で凍死できる気温。 ところが、こんな寒波にも関わらずゴキブリが我が家に出…

今日も憂鬱な朝鮮半島24 “漫画村”は北朝鮮発のサイト。故に違法ではない

どんなに政府が制裁をしても、北朝鮮は抜け道を探し出すようです。 漫画村は、ネット上で漫画がタダで読めるサイトとして有名です。 しかし、新作までも次々とアップロードするので違法ではないのかとの指摘が多数ありました。 結論からすると、漫画村は違法…

今日の中国29 「開運!なんでも鑑定団」偽物茶碗論争に中国人おばちゃんも参戦

「声が大きい方が正しいとは限らない」などと言われます。 しかし、一般論としては「声が大きい方」が結果として正当とされる場合が圧倒的です。 「開運!なんでも鑑定団」の2500万円の茶碗真贋騒動に中国人のおばちゃんまで参加してきました。 この茶碗は、…

今日の中国28 サンマの不漁は日本人の食生活のせい?

近年、サンマが不漁です。 取り立てて好きな魚というわけではないのですが、日本の漁業が追い詰められているのは心配です。 中国・台湾・韓国による乱獲が最大の原因のようです。 日本は、漁獲枠の上限をめぐって多国間の話し合いも行っています。 しかし、…

今日のプーチンさん14 神現祭の沐浴も絵になります

東方正教会では、神現祭と呼ばれる儀式があります。 1月19日に行われる。 神現祭は、正教会の祭であり十二大祭のひとつであり、イエス・キリストの洗礼を記憶することから主の洗礼祭とも呼ばれています。 昨年2017年は、ロシア革命から100年。 共産主義革命…

今日の中国27 ウイグル族は300m圏内しか歩けなくなる

中国の新疆ウイグル自治区西部にて、対象者が指定された地区から300m離れると当局に通報されるシステムを試験中です。 顔認証システムを実用化したものです。 簡単に言うと「中国共産党を批判する民族は300m圏内しか歩いてはならん」との警告。 一時期ですが…

今日の中国26 蒼井そら、中国では「蒼井先生」または「女神」だとか

職業差別をするつもりは毛頭ありません。 AV女優であっても本人が望んだのなら構わない。(望まない場合が大半ですが) 売春は人類最古の職業と呼ばれるぐらいですし。 ただし、AVを性教育の教科書としてあつかうのは問題があるのでは。 もともと中国人は、…

今日も憂鬱な朝鮮半島23 平昌冬季五輪、南北統一旗で開会式入場

韓国では、平昌冬季五輪開会式に、南北選手団が朝鮮半島旗を掲げて入場することを、40.5%が容認しているとか。 もう何と言って良いのかわかりません。 その場しのぎであれば、何でもありのようです。 日本人も平和ボケが進み、憲法九条があれば平和である。…