映画

映画『人魚姫』ベタにコミカル。面白いが、やはり中国は纏足の国

あらすじ 実業家のリウは、貧乏な家庭に生まれ実力で成り上がった富豪である。 そのため、金儲けしか頭にない男であった。 彼は青羅湾を埋め立てて、環境を破壊してもテーマパークを開発するつもりだった。 けれども、青羅湾には人魚族の生き残り達が暮らし…

映画『ボーダーライン』メキシコ麻薬戦争と渋いコロンビア人

あらすじ メキシコと国境を接するアリゾナ州が舞台。 FBI捜査官のケイト・メイサー(エミリー・ブラント)はメキシコの麻薬カルテルの犯罪に取り組んでいた。しかし、法的に彼女の活動はアメリカ国内でしか行えず、後手にまわるばかりだった。 そんな中、上司…

映画『デイ・アフター・トゥモロー』自分がアメリカ人ならメキシコには行かない

www.youtube.com あらすじ 2004年のアメリカ映画 温暖化によって氷河期が来るとの仮説を元にした物語。(正しいかどうかは知らん) 善意の気象学者が主人公。極地の氷が融けることで海流が止まり、氷河期が来ることを警告するが相手にされない。 その数日後…

映画『ハングリー・ハーツ』下痢の後のトイレは悲惨

www.youtube.com あらすじ ニューヨークのある中華料理店のトイレから物語が始まります。 そこで出会ったジュード(アダム・ドライヴァー)とミナ(アルバ・ロヴァケル)は、恋に落ちて結婚します。 やがて妊娠し、男の子が生まれるのですが、もともと菜食主…

『ヒトは「いじめ」をやめられない』中野信子と映画『少女』より。女って恐ろしい生き物だなー

人間は、いじめを行うのが普通の状態です。 動物界ではいじめどころか嬲りものにされ殺されることもあるので、人間界がまだマシなのかもしれません。 そして、子供社会より大人社会の方が、はるかに残酷ないじめが行われていることは、周知のことです。 大人…

10月22日の衆議院選挙の参考に。「一度人を裏切った奴は、何回でも裏切る」『アウトレイジビヨンド』は勉強になるなー

『アウトレイジビヨンド』は勉強になります。 現在上映中の『アウトレイジ 最終章』の前作です。 www.youtube.com www.youtube.com アウトレイジ ビヨンド [DVD] posted with カエレバ ビートたけし バンダイビジュアル 2013-04-12 Amazon 楽天市場 監督、主…

アニメ『うる星やつら2ビューティフル・ドリーマー』 押井守と統合失調症のこと

福祉の現場で、大勢の統合失調症の患者と話す機会がありました。 精神医学が進んだ現在でも難病です。かつては分裂病と呼ばれていました。 症状が個別に違うため、統合失調症の改名は本質的に正しいと思われます。 ある患者は、50代過ぎでしたが総入れ歯でし…

アニメ『攻殻機動隊』 “人形使い”の言葉の意味が深い

公安6課の部長が“人形使い”と議論する。 草薙素子少佐が所属する公安9課に、自らの意志で侵入した。 草薙少佐に会うために。 ネット空間に誕生した生命体、“人形使い”はプログラムのバグ扱いされるが、引き受けに来た公安6課部長に反論する。 「ここにこうし…

残念な映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』とアニメ『攻殻機動隊』重厚さの違い

映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』、残念な映画です。 これが、1995年より前に作られていれば、充分な評価を受けていたでしょう。 しかし、今は2017年です。 元になったアニメーション『攻殻機動隊』は、22年前の1995年に制作されました。 22年前といえば…

映画『沈黙-サイレンス-』3 キリスト教徒の国では、ユダのことはまだタブー

遠藤周作は原作の『沈黙』で、繰り返しユダのことを書いていました。 神の子イエスを裏切った、最悪の裏切り者であるユダ。 神はユダを見捨てたのか。 弱さ故に裏切ったユダは、永遠に地獄にいなければならないのかと。 私自身も聖書を初めて読んだ時、ユダ…

映画『沈黙-サイレンス-』2 あのラスト、遠藤周作とはまったく違う結論では?

映画としては、良作です。 しかし、原作を何度も読み込んだ遠藤周作ファンとして、この映画の結末は、原作と真逆の意味を持つのではと感じました。 形だけ棄教してもイエス・キリストを信じ続けた ロドリゴ司祭は、形だけ棄教したが、最後までイエス・キリス…

映画『沈黙-サイレンス-』1 原作のキチジローと微妙に違う、窪塚洋介

映画『沈黙-サイレンス-』を観ました。 chinmoku.jp マーチン・スコセッシ監督は好きなのです。 『タクシードライバー』は傑作です。 同時に、遠藤周作の小説『沈黙』から受けた感動は、人生で最も大きな衝撃でした。 ですから、期待と不安が半々でした。 …

映画『君の名は。』ハッピーエンドの似合わない男。新海誠

嫁と『君の名は。』のDVDを観ました。 嫁は、「面白かったけど、そんなに人気が出るほどかな」との反応。 観る前に「世間が言うほどの飛び抜けた傑作ではない」と前置きしておいたのですが。 彼女は純粋なリアリストなので、当然の反応でした。 新海誠は、ひ…

映画『チャイルド44』原作は良し、映画も結構良い

映画が予想していたより、いい雰囲気でした。 TVで見ていた普通のアイドルが、実際にあってみると平均点以上に可愛かったといったところでしょうか。 原作の絶望的なスターリン時代のソ連社会が窺える作品です。 原作は『チャイルド44』トム・ロブ・スミス著…

映画『東京裁判』2 「東條英機とキーナンの対決が痛快」

映画『東京裁判』は、長いドキュメンタリー映画です。4時間36分もあります。 しかし、何度も観ると、被告と検事、弁護人達の微妙な表情の変化に気づきます。 とりわけ、東條英機とキーナン検事とのやり取りは痛快です。 勝者が敗者を裁く茶番劇のような法廷…

アニメ映画『聲の形』は、自死が罪であることを突きつける

アニメ映画『聲の形』は、厳しい映画でした。 障碍者であっても、不幸な境遇であっても、勝手に自殺することは許されない。そのことを突きつけられた気がします。現実と向き合って戦うことが生きることなのだと。 やや、ネタバレも含みます。 映画『聲の形』…

映画『ジャガーノート』なんど観ても飽きない。鬱状態の時はいい薬

恐怖と緊張の刺激が良い 春のせいなのか、鬱状態です。 活字の多い本は読むのが苦痛になるので、避けます。 こんな時は、何回も観た映画を見るのが良い。 ジャガーノート [DVD] posted with カエレバ リチャード・ハリス 20世紀フォックスホームエンターテイ…

劇場版『ガールズ&パンツアー』より、知波単学園BGM『雪の進軍』のこと

『雪の進軍』はもう負けている軍隊の歌 知波単学園。この命名がすでに笑えます。 タミヤ 1/35 ミリタリーミニチュアシリーズ No.75 日本陸軍 97式中戦車 チハ プラモデル 35075 posted with カエレバ タミヤ 2006-10-04 Amazon 楽天市場 7net 九七式中戦車は…

劇場版『ガールズ&パンツアー』戦車の個性は、製作国の個性

美少女と戦車のコラボ 武芸としての「戦車道」がある世界。なんのこっちゃ。 ロリコンで戦車オタクの製作者が描きたかっただけのアニメです。 恥ずかしげもなく、美少女と戦車を思いっきり前面に出してします。 しかし、馬鹿馬鹿しさを通り越したリアリティ…

ヒトラーはマゾヒスト。チャップリンはロリコンだった

ヒトラーとチャップリン、共に変態だった 映画『独裁者』は1940年、チャールズ・チャップリンにより制作されました。 独裁者 コレクターズ・エディション [DVD] posted with カエレバ チャールズ・チャップリン ジェネオン エンタテインメント 2004-03-21 Am…

『帰ってきたヒトラー』ティムール・ヴェルメシュ著。映画より原作の方が恐ろしい

本当のヒトラーなら犬に噛まれても撃ち殺したりしない、と思う 映画『帰ってきたヒトラー』には違和感があります。 ヒトラーの犬好きは有名です。 犬が好きな人は、噛まれても怒ったりしません。 ちなみに、私と嫁は猫好きです。時には、血が出るほど噛まれ…

自殺が日本の風土病である理由2。映画『二百三高地』と『防人の詩』

映画『二百三高地』日露戦争は勝利したのでは? www.youtube.com 二百三高地 [DVD] posted with カエレバ 仲代達矢 TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D) 2014-07-11 Amazon 楽天市場 7net 悲しい映画。とんでもない苦労の末、勝利したのに。 あの当時、1904年-1905年…

パラリンピック走り幅跳び、中西麻耶選手のヌード写真のこと

パラリンピック走り幅跳び、中西麻耶選手のヌード写真 1964年のオリンピックは、さすがに直接見ていない。 映画『東京オリンピック』市川崑監督を観たのだ。 www.youtube.com かつて、運動のできる女性が、美人であることはほとんど無かった。 今は、普通で…

映画『トラ・トラ・トラ!』真珠湾攻撃は成功だったのか?

映画『トラ・トラ・トラ!』1970年日米合同制作 トラ・トラ・トラ! 製作四十五周年記念●アルティメット・ブルーレイBOX&日本オリジナル・デザイン・スチールブック 2015年3月4日発売! 古い映画である。観たこともない人も多いだろう。 1941年(昭和16年)…

『インデペンデンス・デイ』(1996)と『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』(2016)やはり力技で戦う宇宙人。

『インデペンデンス・デイ』の20年後『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』 インデペンデンス・デイ (Independence Day) 映画『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』特別予告編 まことに楽しい映画である。皮肉ではなく、本気の感想。 やはり、正…

映画『ゾディアック』連続殺人犯に取り憑かれた男。

取り憑かれた人の迷惑度 宗教、イデオロギー、異性など色々なものに、人は熱中することがある。 それが趣味程度ならそれほど問題にはならない。しかし、熱中の度を越して、取り憑かれたかのようになると周囲の人々に迷惑をかけるようになる。 一番身近で迷惑…

映画『世界侵略:ロサンゼルス決戦』宇宙人は地球の戦時国際法を守っているらしい。

マッチョな軍曹がロサンゼルスを救う 世界侵略:ロサンゼルス決戦 [DVD] posted with カエレバ アーロン・エッカート ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2011-12-21 Amazon 楽天市場 7net 映画『世界侵略:ロサンゼルス決戦』予告編 アメリカらしい映…

『スターシップ・トゥルーパーズ』ポール・ボーハーベン監督の1作目がやはり、おもろ酷い

観ても観なくてもいい映画の典型 『ロボコップ』(1987年)の監督ポール・ボーハーベンが作った、観ても観なくてもどっちでもいい映画。 『スターシップ・トゥルーパーズ』(1997年)。 原作は『宇宙の戦士』(米国1959年、日本1967年)ロバート・A・ハイン…

映画『ロボコップ』(1987年)と現在のデトロイト市

『ロボコップ』(1987年)は衝撃的な作品だった 29年も前の映画だ。しかし、その後の続編や2014年のリメイクは、この作品のおどろおどろしさを超えていない。 ミシガン州デトロイト市が舞台。五大湖の南です。 オランダ人、ポール・ボーハーベンが監督してい…

映画『正義のゆくえ』と日本の「ゆくえ」

アメリカ新大統領は明日誕生 明日9日午後にはアメリカの新大統領が誕生する。 ヒラリーが優勢な状況だが、どちらにせよ移民問題、とりわけ不法移民に対しては厳しくせざるを得ないだろう。 何故ならば、トランプ支持者がこれ程までに多いとは予想もしなかっ…