映画

アニメ映画『聲の形』は、自死が罪であることを突きつける

アニメ映画『聲の形』は、厳しい映画でした。 障碍者であっても、不幸な境遇であっても、勝手に自殺することは許されない。そのことを突きつけられた気がします。現実と向き合って戦うことが生きることなのだと。 やや、ネタバレも含みます。 映画『聲の形』…

映画『ジャガーノート』なんど観ても飽きない。鬱状態の時はいい薬

恐怖と緊張の刺激が良い 春のせいなのか、鬱状態です。 活字の多い本は読むのが苦痛になるので、避けます。 こんな時は、何回も観た映画を見るのが良い。 ジャガーノート [DVD] posted with カエレバ リチャード・ハリス 20世紀フォックスホームエンターテイ…

劇場版『ガールズ&パンツアー』より、知波単学園BGM『雪の進軍』のこと

『雪の進軍』はもう負けている軍隊の歌 知波単学園。この命名がすでに笑えます。 タミヤ 1/35 ミリタリーミニチュアシリーズ No.75 日本陸軍 97式中戦車 チハ プラモデル 35075 posted with カエレバ タミヤ 2006-10-04 Amazon 楽天市場 7net 九七式中戦車は…

劇場版『ガールズ&パンツアー』戦車の個性は、製作国の個性

美少女と戦車のコラボ 武芸としての「戦車道」がある世界。なんのこっちゃ。 ロリコンで戦車オタクの製作者が描きたかっただけのアニメです。 恥ずかしげもなく、美少女と戦車を思いっきり前面に出してします。 しかし、馬鹿馬鹿しさを通り越したリアリティ…

ヒトラーはマゾヒスト。チャップリンはロリコンだった

ヒトラーとチャップリン、共に変態だった 映画『独裁者』は1940年、チャールズ・チャップリンにより制作されました。 独裁者 コレクターズ・エディション [DVD] posted with カエレバ チャールズ・チャップリン ジェネオン エンタテインメント 2004-03-21 Am…

『帰ってきたヒトラー』ティムール・ヴェルメシュ著。映画より原作の方が恐ろしい

本当のヒトラーなら犬に噛まれても撃ち殺したりしない、と思う 映画『帰ってきたヒトラー』には違和感があります。 ヒトラーの犬好きは有名です。 犬が好きな人は、噛まれても怒ったりしません。 ちなみに、私と嫁は猫好きです。時には、血が出るほど噛まれ…

自殺が日本の風土病である理由2。映画『二百三高地』と『防人の詩』

映画『二百三高地』日露戦争は勝利したのでは? www.youtube.com 二百三高地 [DVD] posted with カエレバ 仲代達矢 TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D) 2014-07-11 Amazon 楽天市場 7net 悲しい映画。とんでもない苦労の末、勝利したのに。 あの当時、1904年-1905年…

パラリンピック走り幅跳び、中西麻耶選手のヌード写真のこと

パラリンピック走り幅跳び、中西麻耶選手のヌード写真 1964年のオリンピックは、さすがに直接見ていない。 映画『東京オリンピック』市川崑監督を観たのだ。 www.youtube.com かつて、運動のできる女性が、美人であることはほとんど無かった。 今は、普通で…

映画『トラ・トラ・トラ!』真珠湾攻撃は成功だったのか?

映画『トラ・トラ・トラ!』1970年日米合同制作 トラ・トラ・トラ! 製作四十五周年記念●アルティメット・ブルーレイBOX&日本オリジナル・デザイン・スチールブック 2015年3月4日発売! 古い映画である。観たこともない人も多いだろう。 1941年(昭和16年)…

『インデペンデンス・デイ』(1996)と『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』(2016)やはり力技で戦う宇宙人。

『インデペンデンス・デイ』の20年後『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』 インデペンデンス・デイ (Independence Day) 映画『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』特別予告編 まことに楽しい映画である。皮肉ではなく、本気の感想。 やはり、正…

映画『ゾディアック』連続殺人犯に取り憑かれた男。

取り憑かれた人の迷惑度 宗教、イデオロギー、異性など色々なものに、人は熱中することがある。 それが趣味程度ならそれほど問題にはならない。しかし、熱中の度を越して、取り憑かれたかのようになると周囲の人々に迷惑をかけるようになる。 一番身近で迷惑…

映画『世界侵略:ロサンゼルス決戦』宇宙人は地球の戦時国際法を守っているらしい。

マッチョな軍曹がロサンゼルスを救う 世界侵略:ロサンゼルス決戦 [DVD] posted with カエレバ アーロン・エッカート ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2011-12-21 Amazon 楽天市場 7net 映画『世界侵略:ロサンゼルス決戦』予告編 アメリカらしい映…

『スターシップ・トゥルーパーズ』ポール・ボーハーベン監督の1作目がやはり、おもろ酷い

観ても観なくてもいい映画の典型 『ロボコップ』(1987年)の監督ポール・ボーハーベンが作った、観ても観なくてもどっちでもいい映画。 『スターシップ・トゥルーパーズ』(1997年)。 原作は『宇宙の戦士』(米国1959年、日本1967年)ロバート・A・ハイン…

映画『ロボコップ』(1987年)と現在のデトロイト市

『ロボコップ』(1987年)は衝撃的な作品だった 29年も前の映画だ。しかし、その後の続編や2014年のリメイクは、この作品のおどろおどろしさを超えていない。 ミシガン州デトロイト市が舞台。五大湖の南です。 オランダ人、ポール・ボーハーベンが監督してい…

映画『正義のゆくえ』と日本の「ゆくえ」

アメリカ新大統領は明日誕生 明日9日午後にはアメリカの新大統領が誕生する。 ヒラリーが優勢な状況だが、どちらにせよ移民問題、とりわけ不法移民に対しては厳しくせざるを得ないだろう。 何故ならば、トランプ支持者がこれ程までに多いとは予想もしなかっ…

映画『ベルリン陥落1945』、原題の『Anonyma - Eine Frau in Berlin(匿名 ベルリンのある女)』が正しい内容。

敗戦国は悲しい 映画『ベルリン陥落1945』は、日本語の題名が内容の核心を伝えていない。 原題は『Anonyma - Eine Frau in Berlin(匿名 ベルリンのある女)』である。 映画自体は地味ではあるが、敗戦することの意味を深く教えられる良作である。 (DVDは販…

『プロメテウス』やはり創造主は白人なのか。『マルコムX』イエスの肌の色は?

映画『プロメテウス』の内容 www.youtube.com 映画『プロメテウス』では地球人は宇宙人に創造されたとの設定だった。 ノオミ・ラパス演じるエリザベス・ショウ博士はその実証のために、未知の惑星を訪れる。 惑星には、宇宙人(エンジニアと呼ばれる人)の遺…

ノオミ・ラパスは映画『プロメテウス』にも出ていました。

『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』主演女優ノオミ・ラパスのこと ha-kurehanosatosi.hatenablog.com 「ドラゴン・タトゥーの女」ノオミ・ラパスは、 映画『プロメテウス』の主演も努めていた。 エリザベス・ショウ博士である。 プロメテウス (字幕版) p…

映画『ドラゴン・タトゥーの女』デヴィッド・フィンチャー監督。強い女は美しい。

映画『ドラゴン・タトゥーの女』のルーニー・マーラとドラマ『ミレニアムドラゴン・タトゥーの女』のノオミ・ラパス 映画、ドラマ、原作もほとんど同じ内容なので原作小説のあらすじを。 あらすじ ミレニアム(小説)Wikipediaより 実業家・ヴェンネルストレ…

映画『おろしや国酔夢譚』大黒屋光太夫と「ふるさとは遠きにありて思ふもの」室生犀星

室生犀星の有名な詩「ふるさとは遠きにありて思ふもの」 人には、定住型と移動型があるようだ。 私は典型的な移動型なので、故郷に対しての望郷の念がほとんど無い。 懐かしいなと思い出しても、それだけのことで、 帰りたいとの強烈な念は起きることがない…

アラブ世界とヨーロッパ世界、かつて医学の差は大きかった。映画『キングダム・オブ・ヘブン』

アラブ世界とヨーロッパ世界の医学 今でこそ、中東のイスラム圏では、ISのような野蛮な連中が横行しているが、 ヨーロッパが中世(5世紀~15世紀)の頃、中東イスラム圏は、世界最高の文明国だった。 科学はもちろんのこと、医学の進歩は比べ物にならない程…

『ムカデ人間』『ムカデ人間2』観て欲しい映画。医学的好奇心は無限。

遅ればせながら『ムカデ人間』『ムカデ人間2』観る。 映画「ムカデ人間」予告編 『ムカデ人間2』予告編 これは是非、観て欲しい映画。 スカトロジーと言うよりは、人の持つ好奇心の恐ろしさを描いている。 と私は、勝手に解釈している。 Wikipediaより 『ム…

金正日、金正恩親子の心象風景とは。映画『ザ・セル』は美しいサイコホラー。

金正日、金正恩親子の心象風景 誰の心の中にも歪んだ部分はある。 自分だけ見て欲しい。 自分のことだけを賞賛して欲しい 自分の醜い欲望を満たした世界に住んで、自由勝手に生きたみたい。 考えたことのない人間はいないだろう。 人の持つあたりまえの欲求…

舞台『ガラスの仮面』。映画『炎上(原作:金閣寺)』と『Mishima: A Life In Four Chapters』

漫画『ガラスの仮面』はまだ続いている。 作者の美内すずえは天才である。 宗教の教祖になったりしていたが、やはり漫画家としては誰からも認められる存在だ。 「紫のバラの人」が速水社長と分かっても、相思相愛の仲でも、キス以上にはすすませず、まだ延々…

映画『スナッチ』人種差別をコミカルに描けるのは、歴史が長いからか。羨ましい。

差別用語が使えない世の中だ。 別に使いたいわけではない。しかし、過去の文学や映画などでは、 その時点では差別用語になっていないものが多い。 三島由紀夫の小説が好きなのだが、この人の作品などは、黒く塗らなくてはいけなくなる。 『真夏の死』 『真夏…

ブラッド・ピットの児童虐待疑惑。好きな俳優さんの一人。アンジェリーナ・ジョリーの陰謀か。

ブラッド・ピット主演『フューリー』観る。 映画『フューリー』予告編 典型的なアメリカの戦争映画。 アメリカの戦争映画は、反戦映画であっても自国の軍人を悪者に描くことはまず無い。 日本と違って。 「フューリー」とは「怒り」のこと。 アメリカの熱血…

映画『レニングラード』とショスタコーヴィチ『レニングラード』

映画『レニングラード』について。前回の続き。 ha-kurehanosatosi.hatenablog.com 映画的には地味な背景だが、女性2人を主人公にしたことで、飢餓のさなかでも華やかさが出ている。 イギリスからの女性記者とレニングラードの女性警察官である。 左が警察…

映画『レニングラード』死ぬまでに、一度は行ってみたい都市(現サンクトペテルブルク)

上記の地図の赤点がレニングラード(現サンクトペテルブルク)である。 ピョートル大帝(1672年6月9日-1725年2月8日)が無理矢理に作り上げ、首都としたことで有名だ。 元々は、寒冷な湿地帯で、何もなかった場所である。(スウェーデンと同緯度なのでその寒…

『太陽に灼かれて3』『遙かなる勝利へ』3部作完結。悪人ほど歴史に学ぶ。

『太陽に灼かれて』第3部『遙かなる勝利へ』。 『太陽に灼かれて』も完結である。 映画『遥かなる勝利へ』予告編 遥かなる勝利へ [DVD] posted with カエレバ ニキータ・ミハルコフ パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン 2014-05-14 Amazon 楽…

宇多田ヒカル『SAKURAドロップス』、戦闘準備の小太鼓の連打。映画『グローリー』。

宇多田ヒカル - SAKURAドロップス 『SAKURAドロップス』をよく聴く。 あの冒頭、小太鼓の連打「タ・タ・タ・タ・タ・タ・・・・・・」 が始まるとゾクッとする。 闘争本能がゆさぶられる、あの響き。 不安定さが好きだ、宇多田ヒカル自身の。バイリンガル特…

『太陽に灼かれて』ニキータ・ミハルコフ監督。娘自慢かつ名作。

『太陽に灼かれて』は3部作ある。 が、ニキータ・ミハルコフ監督(画像左)は1作目で完結させるつもりだった。 作品的にも、ラストのナージャ・ミハルコフ(画像右、監督の娘)のシーンで終わっている。 『太陽に灼かれて』予告編 太陽に灼かれて(字幕版…

映画『イワン雷帝』歴史を知っていても退屈な名作。

名作と言われる映画は、結構退屈なものが多い。 その典型。『イワン雷帝』1部2部。 監督は有名過ぎる、エイゼンシュテインである。 役者は適役で、顔の怖さでは肖像画に負けていない。 退屈なのは、私が悪いのだろう。ハリウッド映画のスピードに慣れすぎた…

『アウトレイジ』『アウトレイジビヨンド』安心して観た。

マンガ『闇金ウシジマくん』読む 闇金業者が債務者を助けたりしない冷酷さには、リアリティがあり、面白い。 が、素人に対する、あまりに非道な行いに辟易した。 闇金ウシジマくん 38 (ビッグコミックス) posted with ヨメレバ 真鍋 昌平 小学館 2016-09-20 …

予備知識無しの『エム・バタフライ』は、主人公のように驚かされる。

映画やドラマを、衝動買い又はレンタルすることが多い。決めるきっかけは、監督、役者、センスの良いパッケージとかである。 『エム・バタフライ』はまだビデオテープの頃にレンタルした。 『ザ・フライ』『デッド・ゾーン』等を観て、デビッド・クローネン…

『富士山さんは思春期』が終了していた。エロパロディのレベルが高い。

パロディも文化です 富士山さんは思春期(2) (アクションコミックス) posted with ヨメレバ オジロ マコト 双葉社 2013-08-28 Amazon Kindle 楽天ブックス 楽天kobo 7net マンガやアニメのパロディが流行っていたのは、昔だけと思っていたが、 いつになっても…

映画『地獄の黙示録-完全版-』原作『闇の奥』読む。

地獄の黙示録特別完全版 日本版予告編 Apocalypse Now Redux Japan Trailer 地獄の黙示録 特別完全版 価格:1,000円(2016/8/6 14:06時点)感想(0件) 何度観ても、美しすぎる戦闘シーン。 海上すれすれに戦闘ヘリコプターが並び北ベトナム軍の陣地を攻撃する。 …

今観たほうがいいと言うと、非難されそうな映画。 『悪の教典』、『ライ・トゥ・ミー』第11話「悪魔の微笑」シーズン2・DISC6

植松聖の相模原事件について。 7月26日の『フルメタル・ジャケット』。ほとんど、ハートマン軍曹と『Paint It Black(黒く塗れ)』が主人公。にも書いたのだが、植松聖容疑者は凶悪犯罪者型サイコパスである。どうもそのことが、マスコミには分かっていない…

『ライ・トゥ・ミー』(原題 "Lie to Me")が面白い。ちょっと古いが。

現金をほとんど持ち歩かない。小銭で1000円くらい。それ以上の買い物はカードでする。 そういう主義ではない。現金で持つとすぐに本代になってしまうからだ。若い時には、これは面白いと思う本も、買っておけば将来読むだろうと感じた本も大体購入する癖があ…

『フルメタル・ジャケット』。ほとんど、ハートマン軍曹と『Paint It Black(黒く塗れ)』が主人公。

軍曹といえば『ケロロ軍曹』になるような平和な日本である。 と思っていたら、深夜、神奈川県相模市の知的障害者施設が元職員に襲われて19名も殺害されたとのニュースが入った。計画性や偏執的な思い込みからするとサイコパスのようである。まるで『悪の教典…

期日前投票も終えているので、昔の映画『激突』でも観る。

明日の参議院選挙の結果が楽しみだ。もう期日前に投票は終えたので、結果待ち。 日本はどうなるのかねー。個人の力はあまりに小さい。自分なりには頑張って生きてきたが、どうも同じことを形を変えて繰り返してきただけかもしれない。が、民主主義国に住んで…

映画『ズールー戦争』白人(英国人)から見たアフリカ人。

昔、TV(吹き替え)で観た映画。是非、DVDで観て欲しい。(名作なのでレンタルもあります) 文明人と未開人との戦争として描く。 ズールー族は近代的な戦法を編み出していたため、善戦する(英国史に残るくらい)。 子供の時に観たので、南アフリカの歴史的…

映画『CASSHERN/キャシャーン』は駄作。宇多田ヒカルの曲が良いだけ。

www.youtube.com 新造人間キャシャーン 第1話「不死身の挑戦者」 子供の頃見た、あのアニメーションのナレーション。 「たったひとつの命を捨てて、鉄の悪魔を叩いて砕く。キャシャーンがやらねば誰がやる」 が良かったのに。 子供は、特に男の子は暴力が好…

映画『海街diary』&『思い出のマーニー』すずと杏奈の未来が見える。

海街diary予告篇 吉田秋生の漫画が原作。この人まだ描いていたのだ。感心する。 私が十代の頃読んだ記憶がある。30年以上前の話だ。 あの頃は、青少年漫画以外にも少女漫画「花とゆめ」なんかも読んでいた。 作品のレベルの高さに驚かされる。女の子の精神年…