読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鬼束ちひろが帰ってきた。アルバム『シンドローム』

壊れていた鬼束ちひろ 好きだった歌手が壊れていくのを見るのは辛かった。 鬼束ちひろの曲は、ほとんどを聴いたのですが、 とりわけ『Infection』(=感染)は大好きで、何度聴いたかわからないほどです。 www.youtube.com 『Infection』は、2001年9月7日に…

劇場版『ガールズ&パンツアー』より、知波単学園BGM『雪の進軍』のこと

『雪の進軍』はもう負けている軍隊の歌 知波単学園。この命名がすでに笑えます。 タミヤ 1/35 ミリタリーミニチュアシリーズ No.75 日本陸軍 97式中戦車 チハ プラモデル 35075 posted with カエレバ タミヤ 2006-10-04 Amazon 楽天市場 7net 九七式中戦車は…

自殺が日本の風土病である理由2。映画『二百三高地』と『防人の詩』

映画『二百三高地』日露戦争は勝利したのでは? www.youtube.com 二百三高地 [DVD] posted with カエレバ 仲代達矢 TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D) 2014-07-11 Amazon 楽天市場 7net 悲しい映画。とんでもない苦労の末、勝利したのに。 あの当時、1904年-1905年…

室生犀星の「犀川」には、彼ひとりしかいないようだ。

室生犀星のこと 日経新聞夕刊「文学周遊」から www.nikkei.com 好きな歌人のひとり。 「犀星」はもちろんペンネームだ。 本名は、室生照道。この名前も古風でいい名前である。 少年時代にはよくあることだが、やたらと望遠鏡が欲しくなる。 私も例にもれず、…

ノーベル文学賞にボブ・ディラン、選考基準がわからへん。

ノーベル文学賞にボブ・ディランって何。 www.youtube.com 風に吹かれてぐらいはラジオで聞いた覚えがある。 別に恨みはない。曲は知っているが、選考基準がよく分からない。 歌詞が文学的なのか、それとも反体制な姿勢が良いのか。 ノーベル財団は反体制な…

映画『レニングラード』とショスタコーヴィチ『レニングラード』

映画『レニングラード』について。前回の続き。 ha-kurehanosatosi.hatenablog.com 映画的には地味な背景だが、女性2人を主人公にしたことで、飢餓のさなかでも華やかさが出ている。 イギリスからの女性記者とレニングラードの女性警察官である。 左が警察…

宇多田ヒカル『SAKURAドロップス』、戦闘準備の小太鼓の連打。映画『グローリー』。

宇多田ヒカル - SAKURAドロップス 『SAKURAドロップス』をよく聴く。 あの冒頭、小太鼓の連打「タ・タ・タ・タ・タ・タ・・・・・・」 が始まるとゾクッとする。 闘争本能がゆさぶられる、あの響き。 不安定さが好きだ、宇多田ヒカル自身の。バイリンガル特…

宇多田ヒカル『花束を君に』。藤圭子そっくりになった。母親だから当たり前だけど。

『花束を君に』のPVを観た。 www.youtube.com 藤圭子そっくりだ。 血の繋がりとは恐ろしいもの。 www.youtube.com 歌詞も寂寥感あふれる。 花束を君に - 宇多田ヒカル - 歌詞 : 歌ネット 「両手でも抱えきれない 眩い風景の数々をありがとう」 との歌詞に目…

アラム・ハチャトゥリアンって誰?

ラジオ少年だったので、なんでも聴きまくり、 クラシックに詳しくなった。 FMラジオをテープに録音して聴いていたのだ。 自分では楽譜もろくに読めないが、少し聴いただけで、 曲調から、作曲者が分かるようになった。 今でも分かる。子供の耳は大したものだ…

宇多田ヒカル『少年時代』カバー。『花束を君に』『真夏の通り雨』MVも。

暑い日が続く。しかし、もうすぐ夏もピークになり、終わるのだ。 宇多田ヒカル 井上陽水の少年時代をカバー Live Video 夏になると聴く曲。本家の井上陽水より宇多田ヒカル版が好き。 この人は、寂しい人だとしみじみ感じる。これほど、才能に恵まれ、名声に…

元ちとせ『この街』『コトノハ』『凛とする』、奄美大島では雪は降らないか。

奄美大島では雪は降らないと思い込んでいたが、今年1月24日に降った。 115年ぶりの雪だとか。 親戚に、静岡県出身と石川県出身と富山県出身者がいた。(いる。)たまたま、この3県の出身者が冬の広島で顔をそろえる事があった。 山奥なのでよく雪が降る。10…

花*花とちちんぷいぷいオープニング曲

花*花が好きだった。過去形になるのは、本人たちがTVなどで表立った活動をしていないから。調べると、ライブなどは行っているらしい。あまり美人とはいえない(しかし歌声は素晴らしい)二人が、等身大の内容の詞を歌うのが癒やされる。 さよなら大好きな人…

谷山浩子が色あせない。

谷山浩子が色あせない。久しぶりに聴いた。昔も今もホラーでシュールだ。 『テングサの歌』 和歌山県みなべ町JR岩代駅で作詞作曲したもの。 明るい曲に恐ろしい背景。人類の終末後のこと。 JR岩代駅 テングサの歌 『The Boat』 こんな詞が書ける人を、詩…

映画『CASSHERN/キャシャーン』は駄作。宇多田ヒカルの曲が良いだけ。

www.youtube.com 新造人間キャシャーン 第1話「不死身の挑戦者」 子供の頃見た、あのアニメーションのナレーション。 「たったひとつの命を捨てて、鉄の悪魔を叩いて砕く。キャシャーンがやらねば誰がやる」 が良かったのに。 子供は、特に男の子は暴力が好…