読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

観てはいけない映画または後悔する映画『ドッグヴィル』『ダンサー・イン・ザ・ダーク』

『ドッグヴィル』は情けなくなるほど酷い

2本とも同じ監督の映画である。この監督は本当に頭がオカシイのだろう。

とりわけ『ドッグ・ヴィル』は情けなくなるくらい酷い。観たことを後悔する。タイムマシンがあればこれを観る前に戻りたい。

この格好良いニコール・キッドマンのDVDジャケットに騙された。

サスペンスかと勘違いしたのだ。

 

今までにスプラッタ映画をたくさん見てきたが、それで気分が悪くなったことはない。


Dogville Trailer

狗镇 1/? 日本語字幕 by sss - ニコニコ動画

ニコール・キッドマンが主人公。

トム・クルーズの元嫁だ。綺麗な顔立ちで、役者としてもいい演技をするので好きな女優さんのひとりだ。

それ故に、期待感から最後まで観てしまい、さらに酷さが際立つ。

 

例えるなら、美人でスタイルのいい女優さんがオープニングに登場し、何をするのかと期待をしていたら、食事をしては、排泄を繰り返すのを見せられたようなものだ。

その系の趣味があればいいが、そうでないものには不快でしか無い。しかも美しい女優が出ているので何らかの新しい展開を期待し、我慢して観ていても、ラストまでその繰り返しだった。

 

ドッグヴィルと呼ばれた村にある女性(ニコール・キッドマン)が逃げ込んで来る。

理由があって何者かに追われているよう。村にいさせて欲しいと頼む女性。

村人達は話し合いの結果、働くことで村にいることを承諾する。

最初はうまくいっていた関係が、だんだんとおかしくなっていく。

村人のひとりにレイプされてことをきっかけに、女達には嫌がらせをされ、他の男達にもレイプされるようになる。

逃げることにも失敗し、大きな首枷をはめられる。

そこへ、彼女を追っていたギャングが村に来る。

なんと、彼女はギャングのボスの娘だった。犯罪者である父親を嫌って逃げていたのだ。

彼女の報復が始まり、皆が撃ち殺される。女子供も容赦なく。村は焼き払われる。

 

簡単に説明すると以上のようなストーリーなのだ。

水戸黄門か!

力のある者が、ボロをまとい哀れな様子で根性の悪い人々を挑発する。散々悪事をしたのを見計らって、正体を明かし、ネチネチと説教して楽しむ。

いや、この主人公、水戸黄門より酷い。

女子供まで容赦なく殺し村ごと焼き払うのだから。そこまで酷いことはあんたにしていないだろう。

それにあんたが正体を早く明かしていれば彼らはやめたはずだ。

よく分からないが不愉快な感情が一週間は残った。

たぶん「俺も村人のひとりだったら、同じことをしていた」かもと思うからだろう。

 『ダンサー・イン・ザ・ダーク』マシなだけ

『ドッグヴィル』より少しマシ。


映画「ダンサー・イン・ザ・ダーク」日本版劇場予告

【映画】ダンサーインザダーク(吹替) 1/10 by フバーハ - ニコニコ動画