読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ホーボーウィズショット・ガン』B級映画だが、あるシーンが感動的。

映画『ホーボー・ウィズ・ショットガン』予告編

かなりのスプラッタB級映画。

しかし主役のルトガー・ハウアーが良い。格好いいホーボー(流れ者)親父を熱演している。内容のほとんど趣味の悪い殺人シーンだが一箇所だけ、この映画を作った監督の真面目なメッセージが瞬く星のごとく、きらめく。

予告編は、そのシーンから始まっていた。

町を支配するボスとの戦いで、負傷した相棒の売春婦を病院に運びこむ。そこにもボスの刺客がやってくる。病院内を移動している内に、赤ん坊たちがいる保育器の前で立ち止まる。

そこでのホーボー親父のセリフ。

「ずっと昔俺も赤ん坊だった。お前たちは真新しくて完璧だ。失敗もなく、後悔もない。

人々はお前たちを見て、明るい未来を期待する。特別な人になって欲しいと。医師とか弁護士とかな。

こんなこと言いたくないが、この町で育ったら、お前たちはたぶん路上で体を売ったり─不潔な注射器でヤクの回し打ちをしたりするはず。要領がよければ常習者にヤクを売って金儲けする。平気で人も殺すだろう。

それが悪いことだと知らずに育つから。

あるいは…おそらく─俺みたいになる。銃を持った流れ者(ホーボー)。

もっとマシな者になれ。未来の子たちよ。」

 

人は誕生する国や場所を選択できない。霊感的な世界では、選択していると言っている人もいるが、その割には日本のような恵まれた国以外の、貧乏で、内戦が続き、人権どころか食物や着るものすらない国のほうが出生率が高い。

 

人類はマゾヒストばかりなのか。それとも神さまがサディティスなのか。

それは永遠にわからない謎だ。

ha-kurehanosatosi.hatenablog.com