読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

谷山浩子が色あせない。

谷山浩子が色あせない。久しぶりに聴いた。
昔も今もホラーでシュールだ。

 

テングサの歌』

和歌山県みなべ町JR岩代駅で作詞作曲したもの。

明るい曲に恐ろしい背景。人類の終末後のこと。


JR岩代駅 テングサの歌

 

『The Boat

こんな詞が書ける人を、詩人というのだろう。

 

『あたしの恋人』

恐ろしいまでのエゴイズムのぶつかり合い。男と女の。


「あたしの恋人」 谷山浩子 歌詞付き

 

アルコール依存症で精神病院に入っていた漫画家、吾妻ひでおが描いた似顔絵に激怒したらしい。
これ↓

f:id:ha-kurehanosatosi:20160626213927p:plain

恐ろしいほど似ている。

ha-kurehanosatosi.hatenablog.com