読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夏は生と死の季節。夏の動画。

好調である。
夏はいつもセミの如くテンションが上がる。
光と影のコントラストが命を燃やす。

中原中也の詩「少年時」。高校生ぐらいに読んだ詩。
感動するポイントが、あまり変わっていないのに驚くやら情けないやら。

少年時

黝(あおぐろ)い石に夏の日が照りつけ、
庭の地面が、朱色に睡(ねむ)っていた。

地平の果に蒸気が立って、
世の亡ぶ、兆のようだった。

麦田には風が低く打ち、
おぼろで、灰色だった。
 

翔びゆく雲の落とす影のように、
田の面を過ぎる、昔の巨人の姿――

夏の日の午過ぎ時刻
誰彼の午睡(ひるね)するとき、
私は野原を走って行った……

私は希望を唇に噛みつぶして
私はギロギロする目で諦めていた……
噫(ああ)、生きていた、私は生きていた!


激しく生きようとする想いは永遠だ。


ついでに、夏の画像も入れておく。

 

ha-kurehanosatosi.hatenablog.com