読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『コーラ白書』世界のコーラ編読む。チェリーコーク思い出す。

ある仕事で、1周間ほど、サイパン島にいたことがある。

かなり昔の話なので、現在の状況とは違うと思う。

 

当時サイパン島は、アメリカ自治領だったので、
近所のスーパーにあるものは、アメリカ人仕様だった。

 

アメリカ人は甘いものの食べ過ぎだ。
このことは『ルポ貧困大国アメリカ』堤 未果著 岩波新書にも書かれている。

送料無料/ルポ貧困大国アメリカ/堤未果

価格:799円
(2016/8/18 21:21時点)
感想(0件)

岩波新書なので、かなり偏った内容だけれど、
アメリカの貧乏人が甘いモノばかり食べているのは事実。
サイパン島も現地の人は、デブばかりだった。

 

現地の尋常ではないデブな人に、自動車で送ってもらいながら片言の英語で話をした。

日本に行ったことがあるらしい。

何をしたのかを聞くと、風俗だった。
おもてなし力満点の、日本風俗嬢のサービスについて、

身振り手振りを交えながら、喜々として話をしてくれた。
結構、うんざりしたが。

 

話はそれるが、高級中華のレストランでラーメンを頼んだら、
どう見ても、日本製のインスタントラーメンが出てきた。
10ドルぐらいしたと思う。当時のレートで1000円以上だ。
ボッタクリである。

 

スーパーにて、軽い食品を探す。
パンの棚に行った
パンの種類も貧相で、甘そうなものばかりの、日本人には向かない食べ物だった。

せっかくここまで来たのだから、変わったものが欲しくなり、清涼飲料水売り場に向かう。

アメリカ製の清涼飲料水があった。

「おっ。何だこのcherry Cokeと書いてあるコーラは」
さくらんぼの絵が側面に描かれている。
日本では見たこともない。

好奇心から買った。

f:id:ha-kurehanosatosi:20160818204018j:plain

■送料込み■<24缶セット>Coca Cola コカ・コーラ チェリーコーク 355ml×24本

価格:3,232円
(2016/8/18 21:16時点)
感想(1件)

のどが渇いていたので、ホテルの部屋に帰って、一気に飲む。

謎の液体を入れられた身体が、拒否反応を示した。
甘い、甘すぎる。
脳が溶けるのではと思った。

 

『コーラ白書』世界のコーラ編 中本晋輔+中橋一朗著 P20中段にある。

懐かしいデザイン。と言いたいところだが、少し違う。
数十年前のことなので、記憶が変化したようだ。
上記の写真も、最新のピーチコークの缶だ。

『コーラ白書』の著者は、高評価している。
ただし、「暴力的なまでのフレーバー」と表現されていた。
そう、あの甘さは「暴力的」だった。
日本製のチェリーコークは、少しマシらしい。

コーラ白書(世界のコーラ編)改訂版 [ 中本晋輔 ]

価格:1,944円
(2016/8/18 21:20時点)
感想(0件)