読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『アウトレイジ』『アウトレイジビヨンド』安心して観た。

マンガ『闇金ウシジマくん』読む

闇金業者が債務者を助けたりしない冷酷さには、リアリティがあり、面白い。

が、素人に対する、あまりに非道な行いに辟易した。

ウシジマくんやその他のワル達に、ほとんどシンパシーを感じない。sokuyomi.jp

悪党同士の暴力の応酬ならば、それほど嫌悪感がない。


その点、『アウトレイジ』『アウトレイジビヨンド』北野武監督。
は安心して観られた。

 

「コノヤロー」

「ぶっ殺すぞ」

「てめえ、なめてんのか」等などの罵倒セリフが
ある意味、心地よい響きを感じさせる。

www.youtube.com

www.youtube.com

椎名桔平が、覚醒剤を横流ししている中華屋の店主の耳に

「聞こえねえのか、この野郎」と箸を突き刺すシーンが印象的。

北野武の映画『HANA-BI』では、箸を目に突き刺していた。

たぶん、北野監督自身が実際に、見たことなのだろう。

 

ヤクザの暴力は容赦がない。

素人には、あんな酷いことをする狂気がないのだ。

『226』の三浦友和も良い。

悪役ではないが、映画『226』の安藤大尉役でも、

三浦友和に、悪役をやらせるといい味出している。

二枚目なのに、激しい気性を表に出す演技に感銘を受ける。

二・二六事件の映画化。

安藤輝三大尉は、軍事クーデター行動に対しては消極的だったが、

他の将校が決起することからやむなく、首謀者の1人として参加した。

 

映画では、事件を起こした後、陛下(昭和天皇)から逆賊としての扱いを受けることを知った将校たちが狼狽する。

その様子を見た安藤大尉が、憤怒する。

「狂い続けるしか日本を変えられない」と。

ただの二枚目ではない演技が出来る役者。

 

ha-kurehanosatosi.hatenablog.com