読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

西原理恵子の描く岩井志麻子が「ぼっけえ、きょうてえ」な妖怪でしかない。

『ぼっけえ、きょうてえ』は衝撃的だった。

作者は、岩井志麻子。
小説家というよりは、TVタレントのイメージが強い。
しかも、かなりの色情派。←こんな言葉があるかどうか知らないが。

 

漫画家、西原理恵子の友人である。

西原が岩井を描いている。

妖怪だ。あまりに似すぎていて笑えない。

本人の写真(ホリプロのイメージ写真)がこれだ。

f:id:ha-kurehanosatosi:20160901211739j:plain

本人も妖怪だった。

 

小説『ぼっけえ、きょうてえ』は、第6回日本ホラー小説大賞を受賞している。

Wikipediaより
岡山の遊郭で客をとる女郎が、客に自らの身の上話を聞かせるが、それは世にも恐ろしい話であった。岡山の方言を駆使し恐怖感を高めることに成功している。題は、岡山弁で「とても怖い」を意味する言葉。

 

なるほど、ぼっけえ=とても。きょうてえ=怖い、なのか。

 

岡山が舞台でも瀬戸内海側ではなく、山奥の美作(みまさか)地方の話である。
私も旅行で行ったことがあるが、やや陰鬱な雰囲気の漂う、ホラー好きにはたまらない場所だ。

これ一作で、岩井志麻子ファンになった。
が、残念なことに、これ以上の作品を岩井は書いていない。

初舞台のオリンピックで金メダルを獲った、岩崎恭子みたいだ。

死ぬまでに、『ぼっけえ、きょうてえ』を超えるか、せめて並ぶ作品を読んでみたい。

補足ながら、岩井志麻子は、もともと少女小説家で、

驚くことに『花より男子』のノベライズをしているのだ。

 

映画『インプリント~ぼっけえ、きょうてえ~』は三池崇史監督作品。

「マスターズ・オブ・ホラー」シリーズの作品の一つで、アメリカのケーブルテレビ用に作られた。

過激すぎる内容で、アメリカではTV放送が禁止されたとか。

(もちろん日本でも、TV放送は不可である)

 

三池崇史監督、やり過ぎである。調子にのり過ぎたのだ。

www.youtube.com

拷問シーンを、喜々として撮っている三池監督の姿が目に浮かぶ。

歯茎を針で刺すのは勘弁して欲しい。
岩井志麻子が、爪や歯茎に針を刺す拷問女郎を演じている。

f:id:ha-kurehanosatosi:20160901212755j:plain

http://37.media.tumblr.com/0f6d793ae22a41f750627602b4242af7/tumblr_mnsptzJ8T21r7ifwao6_500.gif

主演の女郎を演じているのは工藤夕貴。久しぶりに見た。

奇形である設定なので、こんな顔。

f:id:ha-kurehanosatosi:20160901214846j:plain


個人的には、文庫版『ぼっけえ、きょうてえ』に収録されていた「密告函」が好きだ。
妖怪ものではなく、現実にいる女がどれほど恐ろしいか、淡々と描いている。

題名は「みっこくかん」じゃねえよ、「みっこくばこ」です。

興味ある方は読んでみて下さい。

ha-kurehanosatosi.hatenablog.com