『太陽に灼かれて』ニキータ・ミハルコフ監督。娘自慢かつ名作。

f:id:ha-kurehanosatosi:20160917233833j:plain

『太陽に灼かれて』は3部作ある。

が、ニキータ・ミハルコフ監督(画像左)は1作目で完結させるつもりだった。

作品的にも、ラストのナージャ・ミハルコフ(画像右、監督の娘)のシーンで終わっている。


『太陽に灼かれて』予告編

2部『戦火のナージャ』、3部『遙かなる勝利へ』は、

独ソ戦を描きたかったため作ったようだ。

 

それでも、3作ともしっかり観てしまう。

とりわけ、1作目のナージャ・ミハルコフの可愛らしさと自然な演技に魅入られる。

対象的に1930年代のスターリンの粛清が、いかに理不尽で恐ろしいものだったかが映像から伝わってくる。

 

それにしても、ロシア映画は容赦がない。

そう、「容赦がない」のひと言で表現できる。

人の運命の儚さ。巨大な権力や戦争、歴史に翻弄される残酷さを嫌というほど味わえる映画。

 

感想の余談。

子供時代のナージャ・ミハルコフの可愛らしさが飛び抜けている。

ロシア人は食生活のためか、劣化が激しい。

と言っても、大人になったナージャが不細工というわけではない。

単なる、比較の問題だ。

充分、美形です。

f:id:ha-kurehanosatosi:20160917235949j:plain

ha-kurehanosatosi.hatenablog.com