読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『太陽に灼かれて3』『遙かなる勝利へ』3部作完結。悪人ほど歴史に学ぶ。

『太陽に灼かれて』第3部『遙かなる勝利へ』。

 『太陽に灼かれて』も完結である。

 

映画『遥かなる勝利へ』予告編

映画はやはり、悲劇に終わる。

ナージャは父親コトフと再会を果たすが、父親は娘の代わりに地雷を踏み死亡。

 

ヒトラーと戦った独ソ戦は、大祖国戦争と呼ばれている。

この戦争の時代背景は1940年代だが、

128年遡ると、1812年6月ロシアは、フランスのナポレオンに攻め込まれている。

これは、祖国戦争と呼ばれた。ナポレオンはモスクワに到達したが、ロシア軍の焦土作戦によって、モスクワを焼かれた。建物の三分の二を焼失して、一面は焼け野原となる。

f:id:ha-kurehanosatosi:20160922220829j:plain

結果、ナポレオン軍は敗退する。

 

ロシア軍はナポレオン軍を追撃して、フランスの首都パリにまで到達する。

このことが後に、ロシアの専制体制を揺るがすのだから、皮肉なものである。

パリに入城したのは貴族将校たちで、自分たちの国とは違う、自由な市民と政治体制に触れることとなった。

後にこの貴族将校たちが、秘密結社を組織して、農奴制の廃止や政治体制の革新を叫び蜂起した。

有名な、デカブリストの乱である。

ちなみに、デカブリとはロシア語で12月のこと。

1825年12月に蜂起したことからデカブリストと呼ばれた。

 

ロシア語で聞くと、「デカブリ」というより「ジカブリィ」に聞こえる。

 

☆あしやのロシア語講座☆ロシア語で月の名前は何っていいますか?

 

デカブリストの乱は鎮圧されたが、結果として1917年のロシア革命につながる。

ロシアの兵士が、西側諸国の自由な政治体制や文化に触れると、自国が発展途上国であることを知ってしまうのだ。

 

スターリンはその歴史を熟知していた。

それ故に、ドイツ軍に捕らわれて捕虜になった兵士達は、大部分が強制収容所に送られた。

映画『遙かなる勝利へ』では、敵前逃亡したとされる男達15000人に、一本の棍棒を持たせて要塞へ突撃させようとする。

スターリンがコトフを師団長に戻した上で、コトフの責任において作戦を実行させる。

映画の要塞戦は、フィクションだが、現実はもっと酷い。

自国民の犠牲においてロシアはドイツに勝利できたのだ。

ha-kurehanosatosi.hatenablog.com