読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

瀬戸内寂聴さん。もっともっとご自分の信念を語って下さい。

寺山修司「マッチ擦るつかのま海に霧ふかし身捨つるほどの祖国はありや」

日本は平和な国だ。

それなのに、日本国民は昔から他国と比較して、自虐的なことを言いたがる。

ある意味余裕がある証拠なのかも。

 

寺山修司の短歌に

マッチ擦るつかのま海に霧ふかし身捨つるほどの祖国はありや

との歌がある。

数年前になるが、台湾人であった金美齢が、日本に帰化する前、この短歌を批判していた。

平和で治安が良く、自由な発言も許された日本国にいながら、「身捨つるほどの祖国はありや」との言い方は大げさで甘すぎる。安心に普通に暮らせる祖国を渇望しても、叶えられない人々がどれほど大勢いるか。

こんな内容だったと記憶している。

そう言われれば確かにそうだ。

しかし、私は、寺山修司は好きな歌人の1人なので、

金美齢の気持ちは分かるが、まあまあそんなにムキにならなくても、と当時は受けとめていた。

しかし、その後の我が国を取り巻く世界情勢の変化を見ていると、ムキにならなければ「身捨つるほどの祖国」すら今後、維持できないことを肌で感じるようになった。

 2011年ノルウェー連続テロ事件から5年

5年前の2011年7月、ノルウェーでテロ事件があった。

犯人は、アンネシュ・ベーリング・ブレイビクである。

77人を殺害し、禁錮21年の有罪判決を受けて服役中だ。

210年ではない。21年である。

 

この男は、2014年2月に刑務所での待遇改善を求めた。

ゲーム機を「プレイステーション2」から、より新しい「プレイステーション3」に変更するよう要求したとか。

www.afpbb.com

ノルウェー人には、怒りや報復などの感情が無いのかと訝ったが、どうもそうではなさそうだ。

文明国に住む、文明人らしく振る舞うことを社会が強制しているようだ。

www.newsweekjapan.jpより

「ブレイビクが否定した今のノルウェーを、私たちは維持する。ノルウェーは変わらない。憎しみの道を辿らず、憎しみには負けない。憎悪や差別感情を拡散させないために、後世に歴史を伝えなければいけない」

 のが 国民の総意らしいのだが、綺麗事過ぎる。本心から言っているとすれば、それは普通の感情を持った人間ではない。

 

ある意味、2重性があるのかもしれない。

世界の武器輸出額では、2015年のデータによると第16位にランキングしている。

かなり上位だ。

同じ高福祉国家スウェーデンが、一つ上の第15位にいるのにも驚く。

www.globalnote.jp

他国の人間が殺し合うのは別に構わないのかも。特に発展途上国の人間が。

やはり死刑を廃止して、高福祉を実現している「文明国」は「大人」なのだ。

 

瀬戸内寂聴さん 死刑廃止を訴える

日本では、作家の瀬戸内寂聴さんが死刑廃止を訴えている。

今月6日に、福井市内で行われた、日本弁護士連合会(日弁連)の死刑制度に関するシンポジウムにビデオメッセージを寄せた。

www.sankei.comより

この中で瀬戸内さんは「人間が人間の罪を決めることは難しい。日本が(死刑制度を)まだ続けていることは恥ずかしい」と指摘。「人間が人間を殺すことは一番野蛮なこと。みなさん頑張って『殺さない』ってことを大きな声で唱えてください。そして、殺したがるばかどもと戦ってください」と述べた。

らしい。

「家族が殺されても我慢するのが、文明国だ。ばかども」とか、

もっともっと言って欲しい。

 

今回の騒動をどのように判断するかは、日本国民一人ひとりである。

ha-kurehanosatosi.hatenablog.com