読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『イット・フォローズ“It Follows”』パニック障害の人は(本当に)後悔する映画

“It Follows”って「それは続く」の訳でいいのか


映画『イット・フォローズ』予告編

題名をグーグル翻訳で日本語にすると「それは続く」とでた。

映画の内容からすると「ついて来る」が正しいのか。

いや、ラストシーンからすると「それは続く」なのかも。

 

女子大学生のジョイが主人公。俳優はマイカ・モンロー。

f:id:ha-kurehanosatosi:20161210211647j:plain

どこかで見たことがあると思っていたら『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』に出ていた。

f:id:ha-kurehanosatosi:20161210211613j:plain

ジョイは彼氏のヒューと付き合っている。しかし、まだ肉体関係は無かった。

ある日、初めてロマンチックに交わる。といってもカーセックスなのだが。

アメリカの大学生だから仕方ないのかも。

 

ところが、ここからホラーな展開になる。

セックス後のヒューは、ジョイを車椅子にしばりつけて「それ」について語る。

画面では全裸の女がゆっくりとこちらに歩いてくる。

「動きは遅いが頭はいい」とか親切に教えてくれる。

セックスすると相手に移るが、その相手が「それ」に殺されるとまた戻ってくる仕組みらしい。かなわんやつである。

ヒューも、ジョイを家の前に放ったらかしにするまでは、誠意も感じられる。好きだったのかも。

しかし、「それ」への恐怖が好意を上回った。

ジョイは「それ」を移され、恐怖の体験が始まる。

パニック障害気味の人は観ないほうがいい

久しぶりに心臓がバクバクして、過去にやったパニック発作を思い出してしまった。

しばらくは、部屋にいても、道を歩いていても、周囲を見回して「それ」がいるような感覚になる。

恐怖の雰囲気が周囲に満ちてくるようだ。

日常生活でとりわけ恐怖なのは、顔が見えないくらいの距離からこちらに歩いてくる通行人である。映画でも普通の通行人がゆっくりとこちらに向かってくる描写が一番怖かった。

f:id:ha-kurehanosatosi:20170102212556j:plain

あー怖い怖い。でも楽しい。

 

フグの味を知った昔の人は「(フグの毒で)舌が少し痺れるくらいが美味しい」と食べていたらしい。

こんなホラーを観るのも同じかも。