読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

共産主義者の歴史1 「ナウシカは原始共産制を実現するため、世界を破壊した」

共産主義者の歴史 マンガ

『風の谷のナウシカ』アニメ版と漫画版との違い

一般には知られていないことですが、宮崎駿は共産主義者です。

若い頃には、東映動画労働組合の書記長も務めています。

「書記長」の響きが、いかにも共産主義者です。

 

私は『未来少年コナン』の頃からの宮崎駿監督ファンなのですが、昨今の監督の言動を見ていると、典型的な共産主義者であることを実感します。

 

宮崎駿の漫画版『風の谷のナウシカ』全巻を読むと、もっとよくわかります。

くれぐれも“漫画版”です。

アニメは一般向けに作られているので、毒にも薬にもなりません。

ただし、結末だけは、現実的な判断から作られていることがわかります。

アニメ版のクシャナが、風の谷を去った最大の理由は、巨神兵が崩れて消えてしまったからです。ナウシカの体を張った行動に感動したのは、理由のほんの一部に過ぎません。

 

巨神兵が残っていれば、風の谷はトルメキア領として占領されていたでしょう。

そうしなければ、他国との軍事バランスが取れないからです。

最終兵器である巨神兵が無くなった、風の谷に用は無かったのです。

 

そのあたりは、軍事オタクの宮崎駿はよく分かっています。

 

現代の核兵器に相当する巨神兵の存在が、世界のバランスを崩してしまった。

ペジテ都市国家がトルメキア国から攻撃されたのは、巨神兵を地中から発見したことが原因です。クシャナが風の谷を襲ったのも、ともかくも最終兵器である巨神兵を他国に奪われないようにするためだったのです。

 

話を漫画版に戻します。

 

共産主義者の心象風景を見るのには、漫画版『風の谷のナウシカ』を読むのが手っ取り早い。

共産主義者の妄想。歴史の必然らしい

共産主義者は人類の歴史が、以下のような発展段階をたどると妄想していました。

(宮崎駿をはじめ、今でも妄想している人が大勢います)

 

原始共産制社会

   ↓

古代奴隷制社会

   ↓

中世封建制社会

   ↓

近世重商主義社会(絶対王制の時代)

   ↓

近代資本主義社会(ブルジョワ革命により絶対王制を打破する革命の時代)

   ↓

プロレタリア革命(プロレタリア<労働者>革命による社会主義社会の到来)

   ↓

共産主義社会への移行

現代史をふりかえると、これらが全く間違いであり、それどころか、何千万人単位の犠牲者を出した、恐ろしい社会実験であったことが証明されています。

 

この歴史の発展段階は、冒頭にある原始共産制社会の定義から間違っていました。

原始共産制社会では、血縁関係を基礎に土地や生産手段を共有して、仲良く生産・分配・消費を行っていたので、階級が存在しなかった。

と定義したのです。

 

一般常識に照らしても、間違いであることがわかります。

 

人が集団で存在する社会には、どんな小グループであっても能力や容姿などによって階級が存在します。

そんなことは小学生でも知っています。

 

彼らは、原始共産制社会というありもしなかった人類の歴史を信じ込んでいたのです。

ソビエト連邦の崩壊の影響は大きかった

宮崎駿監督にとって、ソビエト連邦の崩壊は衝撃だったのでしょう。

信じ込んでいた神が、虚像だったと知らされたのですから。

 

そこで、歴史が発展するとの結論を捨てて、ユートピアのような原始共産制社会をもう一度と考えたのでしょう。

漫画版『風の谷のナウシカ』のラストでは、全ての破壊が描かれます。

 

破壊に次ぐ破壊。血みどろの戦いを通して得られたものは、廃墟でした。

野口悠紀雄が『「超」整理日誌』の中で、ナウシカよりクシャナを評価していましたが、その意味がよくわかります。

ナウシカは、理想を語り人民を振り回すだけで、結果は焼き尽くされた人類の遺産でした。まるで毛沢東かポル・ポトのように。

 

クシャナは、トルメキア国に帰還して国を作り上げてゆくでしょう。

ではナウシカは?

あの蟲使い達や土鬼の人々はどうやって生活するのか。

もし、人類の英知の結晶である墓所(人工の生命体)が生きていれば、死ななくてもいい人間が大勢いた筈です。その人達にとってナウシカの理想などは、どうでもいいことです。

 

ナウシカは、正確には宮崎駿です。

作者ですから。

漫画版『風の谷のナウシカ』の結末は、恐ろしい。

ナウシカは、巨神兵を使って人類の叡智の全てを破壊します。

人類が積み上げてきた文明や科学を。

原始共産制社会に戻してしまったのです。

あんな徹底的な破壊の後に、土鬼の人々や蟲使い達はどうやって生きていけるのでしょうか。

漫画だから許されるのなら、AIの描いたCGも許されるのでは

漫画だからと言ってしまえば、仕方ないかもしれません。

しかし、宮崎駿の最近の言動からするとあまりに無責任な結末でしょう。

www.youtube.com

AIの描いた人の動きが障碍者に似ているからといって、頭ごなしに「生命に対する侮辱」と放った言葉を借りれば、ナウシカのやったことは

人類が作り上げた世界に対する侮蔑です。

 

まるでアドルフ・ヒトラーです。

ソビエト軍が首都ベルリンに迫った時、彼は、ベルリンを爆破して廃墟にするよう命令していました。(結果として実行されませんでしたが)

彼も共産主義者の亜流である社会主義者だったのです。

ナチ党とは国家社会主義ドイツ労働者党の略称だったのですから。

 

革命家の頭の中はこうなっているのか。

理想のためなら全てを殲滅することもためらわない。

 

実を言うと、宮崎駿監督の心象は何となく理解できるのです。

私も革命家気質だからかもしれません。