読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

共産主義者の歴史3「パブロ・ピカソはフランス共産党員でした」

芸術家が、人格者である必要はありません。

結果である作品が素晴らしければそれでいい。

画家に到っては、明らかに良識が欠ける人間が多いぐらいです。

パブロ・ピカソはその典型。

ただし、それを責めることは野暮です。美的な才能にあふれる人間が偏った性癖なのは、世界史的に見てもよくあることだからです。

パブロ・ピカソはフランス共産党員だった

偏った性格が偏った思想をチョイスすることは、ある意味当然なのかもしれません。

パブロ・ピカソは共産党員でした。

1944年、フランス共産党に入党し、死ぬまで共産党員でした。

ピカソの描いたスターリンは怖い

こんな絵も描いています。

1953年のスターリン死去に際して、党からスターリンの肖像画を依頼されました。

ピカソは、本人に会ったことがなかったので、写真をもとに描きました。

そして、往年のスターリンではなく、青年時代のスターリンをデッサンしています。

f:id:ha-kurehanosatosi:20170402163703j:plain

この絵は、スターリンの追悼のために描かれたものです。

ところが、どこか冷酷で恐ろしげな雰囲気が漂っています。

そのためなのか、フランス共産党の内部でも「スターリン肖像事件」として内紛のきっかけになったらしいのです。

oshimahakkou.blog44.fc2.com

追悼には相応しくないと感じた共産党員がいたのでしょう。

f:id:ha-kurehanosatosi:20170402202803j:plain

写真よりもピカソの絵のほうが、独裁者の深淵を描き出している。

2000万人の自国民を粛清したといわれる男の凄みが、肖像画から感じられるようです。

 

画家としては無意識に真実を見抜いていたのかもしれません。

けれども、共産党員としてのピカソ本人は、思想的に全くぶれませんでした。