読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメ映画『聲の形』は、自死が罪であることを突きつける

アニメ映画『聲の形』は、厳しい映画でした。

障碍者であっても、不幸な境遇であっても、勝手に自殺することは許されない。そのことを突きつけられた気がします。現実と向き合って戦うことが生きることなのだと。

やや、ネタバレも含みます。


映画『聲の形』 本予告

アニメ版『聲の形』のあらすじ

このアニメには原作があります。

ちらっと読んだ記憶があったのだけれど、全体を知らなかったためか、痛そうな内容だな、程度の感想でした。

 

主人公の石田将也が小学6年生だった時から話は始まります。

 

ガキ大将的な彼は、退屈しながらも悪ガキ仲間と面白おかしく毎日を過ごしていた。

そこに聴覚障害者である西宮硝子が転校してくる。

好奇心からちょっかいを出すが、硝子が無理な笑顔を浮かべて、はっきりと自分の意思表示をしないことで、ちょっかいがエスカレートしてゆく。クラスメートもそれに参加するようになった。

 

子供の無邪気な残酷さが恐ろしいまでに描かれます。

 

補聴器を投げて遊び、会話用のノートには罵倒する言葉が書かれる。

 

完全にいじめです。

 

補聴器を何個も壊したことで、いじめは発覚するが、クラスメートは将也だけにその罪を背負わせ、彼がいじめられる側になる。

 

しかも、補聴器の弁償代として、170万円も母親に払わせることになった。母親のことが大好きだった将也は罪悪感にさいなまれる。彼の家は母子家庭だった。

 

高校生になった将也は人間不信から、誰とも話もせず、誰の顔も見られなくなっていた。そんな彼が西宮硝子と再会したことから再び歯車が回り出す。

26分からの食事シーンで、もう泣ける

冒頭から26分からの食事シーンだけで、泣けます。

石田将也と母親、幼稚園児の姉の子、3人が朝食を食べている。

 母親はいつものように明るく接しながら、将也が170万円を返済した後、自殺するつもりだったことを聞き出します。

激怒した彼女と将也のやりとりが切なく笑えます。

 

母親が誤って170万円を燃やしてしまう、コミカルな場面なのですが、笑いながら自分の母を思い出していました。

 

子供の頃に自殺を考えた人であれば、号泣でしょう。

 

母親が、将也の自殺意図に気づいていたこと。補聴器代を償った後、自殺するつもりだったこと。それをはっきりと謝罪しなければ、バイトでためた170万円を燃やすと脅かす場面のあまりに切ないこと。

京都アニメーションと山田尚子監督、恐るべし

劇場ではなく、DVDになってから観たのです。

京都アニメーションはキャラクターや背景が綺麗で、スタッフの気力が伝わってきて結構好きでした。

 

今回は驚きです。山田尚子監督に。

『けいおん!』から5年が経過して、これほど成長したアニメーション監督も珍しい。

障碍者にも遠慮しない作品

このアニメ映画、文部科学省推薦(正確にはタイアップ)になっていますが、ある意味推薦してはいけないアニメーションでは。

あまりに激しく、本質を突いています。

 

障碍者に対する厳しさは、わが身にこたえます。

 

障碍者であっても、いじめられた被害者であっても、勝手に自死することは“罪”なのだと。はっきりと描かれています。

 

とりわけ、植野直花の存在が強烈です。

聴覚障害者の西宮硝子をいじめたうえに、硝子と仲良くしようとした、佐原みよこまでもいじめて不登校にした、いじめっ子の美少女、植野直花 の激しさに打たれました。

 

彼女は「人は何故生きるのか」その本質を知っている人間なのです。

 

激しく嫉妬し、不快な人間にはっきりと物を言い、弱い者いじめもする。しかし、人の痛みがわからないのでも、苦しみと無縁な人間でもない。

 

西宮硝子が、自分の存在によって将也を不幸にすると思い込み、飛び降り自殺しようとするのですが将也に救われます。しかし、代わりに落ちた将也が瀕死の重傷を負います。

 

植野直花は、硝子を殴打し激しく詰め寄ります。

「悲劇のヒロインのつもりか!」と。

植野が影の主人公であったことが、はっきりと前面に現れる凄まじい描写です。

 

生きる価値がない人間であるとか、生きる価値がある者であるとか、決める権利は誰にもないこと。もちろん、本人にも。

いずれ死ななければならないことが真理ならば、今を生きなければならないことも真実なのだと。

補足の感想

f:id:ha-kurehanosatosi:20170521164040j:plain

補足ながら、西宮結弦役の悠木碧さんが、キュートで健気な硝子の妹を好演しています。『幼女戦記』の幼女士官役もなかなかだったけれど。

声だけで演技ができる声優さんの底力を見せつけられました。

今日も憂鬱な朝鮮半島1 北朝鮮、バングラデシュから現金強奪

これは酷い。北朝鮮、バングラデシュ中央銀行へのサイバー攻撃行う。ハッキングによって810万ドル(約92億円)強奪。

 

日経新聞によると、5月10日の米上院にて、米シマンテック社(セキュリティソフトの会社)の幹部が驚きの証言をしました。

「北朝鮮に拠点を持つグループがバングラデシュ中央銀行から810万ドル(約92億円)を奪った」とのことです。

www.nikkei.com

異常なのは日本の方

もう何でもありです。誰も手出しをしたくない国家なので、何をやっても許されると思い込んでいる。

 

ただし、こんな国に核兵器を持たせてしまったのは、日本の責任が大きい。本来なら日本が解決しなければならない問題から、逃げ続けて放置したことが今日の朝鮮半島を産んでしまったのです。

 

北朝鮮が特別に異常な国家ではないのです。世界から見ると日本が異様な国家なのです。

 

「専守防衛」を国是としている時点で異様です。
Wikipediaには次のように書かれています。

Wikipedia「専守防衛」より
「その内容は、全般的な作戦において、相手の攻撃を受けてから初めて軍事力を行使すること、その程度は自衛に必要最低限の範囲にとどめ、相手国の根拠地への攻撃(戦略攻勢)を行わないこと、自国領土またはその周辺でのみ作戦することなどである。」

これをわかりやすく表現するとこんな感じでしょうか。

夫婦2人、子供3人の5人で道を歩いているとする(もっと子沢山でも良いのですが、一応例えとして)。前からどう見ても犯罪者のような数人の輩がやってきた。彼らは挑発的は言動を始めた。父親はどうするか。腕には覚えがある。

正面から戦えば勝てるだろう。しかし、彼ら家族の取り決めは「手を出されるまでは、こちらも手を出さない」ことだ。なので、妻がレイプされるか、子供たちが襲われるまで何もしない。

 

この家族の一員になりたい人は、世界中探しても誰もいないでしょう。

 

ところが、日本だけは恥ずかしげもなく、こんなことを国是としています。

世界から見れば、北朝鮮よりもおかしな国家に映るでしょう。

共産主義者の歴史4「パブロ・ピカソと朝鮮戦争」

1951年(昭和26年)パブロ・ピカソが70歳の時『朝鮮の虐殺』を制作しています。

f:id:ha-kurehanosatosi:20160815211552p:plain

知っている人はよく知っている。しかし、『ゲルニカ』ほどには知られていません。

f:id:ha-kurehanosatosi:20170425231044j:plain

ピカソを平和主義者として洗脳したいのか、学校の授業はもちろん、TVですら『朝鮮の虐殺』を見たことがありません。

ネットで初めて見た人も多いでしょう。

 

前年の1950年(昭和25年)に勃発した朝鮮戦争は、北朝鮮の一方的な侵攻で始まり、その後、朝鮮半島を戦火のローラーが3度行き来しました。

 

結果、一般市民だけでも150万人以上の死者を生みました。

たった3年間の戦争で、この凄まじい数です。

f:id:ha-kurehanosatosi:20170425222134g:plain

ところが、この当時、世界中の共産主義者はもちろん、いわゆる左派と呼ばれる人達も、この戦争が韓国と米軍の挑発行為によって始まったと言い張っていました。

戦車を1台も持っていない韓国が、当時の軍事先進国でロシア製のT-34を240両保持していた北朝鮮を挑発するのはありえないことです。

 

しかし、共産主義者にとって事実より正しいのは共産主義です。

 

そんな中で描かれたのが、フランス共産党員だったパブロ・ピカソの『朝鮮の虐殺』です。

朝鮮戦争中にあったらしい(はっきりしない)信川虐殺事件を元に、米軍の虐殺行為を描いたそうです。

信川虐殺事件の事実

この事件の詳細が次のような記録です。

米兵たちは、戦闘員ではない一般住民を銃殺、撲殺、絞殺、生き埋めにし、生きた人間の鼻と耳を針金を通して引き回した揚げ句に殺し、眼球をくり抜き、乳房を切り取り、頭や全身の皮膚をはいで殺し、唇をえぐり、舌を切って殺し、斧で手足を打ち切り、身体を鋸で引いて殺し、まき束の上に立たせて火あぶりにして殺し、熱湯に投げ込み、十字架に身体を釘で打ち付けて殺し、戦車でひき殺す(『現代朝鮮史』平壌1979年刊から)

北朝鮮の黄海南道信川郡にて、国連軍(米軍と韓国軍)が、一般市民3万5383人をこのような方法で虐殺した事件と言われています。

 

うーむ。これは酷い。米軍ってこんな残酷なことをしていたのかぁ~と感心します。

日本人なら、ちょっと半笑い気味になってしまいます。

どこかで聞いた話ですから。

十字架に身体を釘で打ち付けて」って何だよこれは。

 

はっきり言ってこれは、米軍の仕業ではないことがすぐに分かります。

 

人にも国にも個性があります。殺し方にも個性があるのです。

日本人でまともに対米戦争史を勉強した人なら、明らかな嘘だと気づきます。

アメリカ軍はこんな面倒な殺し方はしません。

昔も今も、人の顔が見えない距離から、圧倒的な爆撃か銃撃で殲滅するのです。

一般市民であっても遠慮なく。

芸術バカは困る

パブロ・ピカソは生涯フランス共産党員でした。

芸術バカだったのでしょう。

ただ、当時でも影響力のある人であり、現在でも偉大な画家として扱われている。

困ったものです。

偉大な画家であることは、素人でも何となく分かりますが、嘘つきに同調してもらっては困ります。

朝鮮戦争は終わっていない。休戦中

現在の朝鮮半島は南北ともに動乱寸前です。元朴槿恵大統領は逮捕され、次期大統領には親北朝鮮派の文在寅が選ばれそうなのです。

北朝鮮はいつものように騒いで、交渉し有利に事を進めるつもりです。

 

しかし、トランプのおっさん、いやトランプ大統領は「普通」のアメリカ白人なので、そんな交渉に乗るつもりはないようです。格下の国になめられて、ヘラヘラ笑うことは少なくともない。

 

第2次朝鮮戦争いや、朝鮮戦争は休戦中なので、戦争の続きが起こる可能性が、すぐそこまで見えてきました。

 

日本国内で緊迫感が無いのが不思議なくらい、大変な状態です。

与党が全く正しいと言うつもりはありませんが、野党たる民進党は、国民を守る気がないのでしょう。

 

朝鮮戦争が再開された時、在朝鮮半島の日本人をどうやって助けるのかを与党に詰め寄るのが彼らの仕事だと思うのですが。

どうやら、そんなことは無い、自分達には危害は及ばないと信じているようです。

共産主義者の歴史3「パブロ・ピカソはフランス共産党員でした」

芸術家が、人格者である必要はありません。

結果である作品が素晴らしければそれでいい。

画家に到っては、明らかに良識が欠ける人間が多いぐらいです。

パブロ・ピカソはその典型。

ただし、それを責めることは野暮です。美的な才能にあふれる人間が偏った性癖なのは、世界史的に見てもよくあることだからです。

パブロ・ピカソはフランス共産党員だった

偏った性格が偏った思想をチョイスすることは、ある意味当然なのかもしれません。

パブロ・ピカソは共産党員でした。

1944年、フランス共産党に入党し、死ぬまで共産党員でした。

ピカソの描いたスターリンは怖い

こんな絵も描いています。

1953年のスターリン死去に際して、党からスターリンの肖像画を依頼されました。

ピカソは、本人に会ったことがなかったので、写真をもとに描きました。

そして、往年のスターリンではなく、青年時代のスターリンをデッサンしています。

f:id:ha-kurehanosatosi:20170402163703j:plain

この絵は、スターリンの追悼のために描かれたものです。

ところが、どこか冷酷で恐ろしげな雰囲気が漂っています。

そのためなのか、フランス共産党の内部でも「スターリン肖像事件」として内紛のきっかけになったらしいのです。

oshimahakkou.blog44.fc2.com

追悼には相応しくないと感じた共産党員がいたのでしょう。

f:id:ha-kurehanosatosi:20170402202803j:plain

写真よりもピカソの絵のほうが、独裁者の深淵を描き出している。

2000万人の自国民を粛清したといわれる男の凄みが、肖像画から感じられるようです。

 

画家としては無意識に真実を見抜いていたのかもしれません。

けれども、共産党員としてのピカソ本人は、思想的に全くぶれませんでした。

共産主義者の歴史2「宮崎駿の現実無視は酷い」

宮崎駿のアニメは『未来少年コナン』の頃からのファンなのです。

アニメーション監督としては、世界最高と言っても言い過ぎでは無いでしょう。

才能の塊です。しかも爽やかさの中に何となく闇がある。破壊癖とエロティクな闇です。そこがまた香辛料のように効いていて心地よい。

しかし、一個人としての宮崎駿の、思想的な信念から現実を無視する姿勢には、愚かな人としか言いようがありません。

ドワンゴの川上量生会長 も気の毒に

NHK『終わらない人』の中で、AIの描いた人間が身体障碍者に似ているからといって激怒していました。

意味不明な怒りに見えます。

www.youtube.com

確かにあの動きは障碍者のものです。福祉関係者なら誰もが知っている動作でしょう。

ですが、ドワンゴ会長が障碍者の動きを、指を指して笑ったわけではありません。

 AIが描いた動画を見せただけなのです。

そんなことを「生命に対する侮辱」と大げさな言葉で怒っていては、芸術のほとんどが「~に対する侮辱」になってしまう。

ブリューゲルの絵『盲人の寓話』などは、障碍者を滑稽に描いた「盲人に対する侮辱」の絵なのでしょう。

f:id:ha-kurehanosatosi:20170330132739j:plain

 

また、引き合いに出された障碍者も困惑します。

清く正しく頑張っている障碍者像は、ある意味迷惑なのです。

普通に欲望もあり、くだらないことで喧嘩をしたり、時には自分より弱い障碍者をイジメたりする。当然のことですが、健常者とまったく同じです。

頑張っていない、まったりした生き方をした人も結構います。

現実に活動していた障碍者プロレスを描いた『無敵のハンディキャップ』を読んでみればよくわかります。

 

理想を語る無知な人ほど怖い

一番怖いのはドワンゴの会長ではなく、宮崎駿のような現実無視をしているのに、本人は世界のことが分かっているかのように振る舞う人間です。

そして影響力もある。

人類の文明を破壊し尽くした漫画版のナウシカと同じ。

本人は全くその自覚がない。

安倍首相への批判もそう。

www.huffingtonpost.jp

沖縄に基地が必要なのは、中国の海洋進出を食い止めるためなのに。

彼らは沖縄県を自国の領土にするつもりなのです。その時、人民解放軍から沖縄県民が受けるであろう暴行は想像を絶するものとなるでしょう。

 

中国という、障碍者の生存すら認めないグロテスク極まりない独裁国家への危機感も全く感じられないから辺野古基地にも反対する。

中国の障碍者が置かれた環境を知らないのでしょう。

www.recordchina.co.jp

貧乏人の障碍者は捨てられるか、劣悪な環境で強制労働させられる国家。

business.nikkeibp.co.jp

その一方、富裕層は、日本製品を爆買いに来る。

AIの動きより、現実の方がはるかに「生命に対する侮辱」を行っています。

 

無知は犯罪です。

世界は理想郷にあるのではなく、目の前にあることがわからない。

ジブリのスタッフも含めた自分達も、在日米軍と自衛隊に守られていることすら理解しない。もちろん、障碍者も守られています。

障碍者は、有事になれば(結果として)真っ先に見捨てられる存在なのが、宮崎駿には理解できないでしょう。

中国の核ミサイルは日本の都市部を射程圏に入れて配備されている事は常識です。

 

北朝鮮のミサイルは、日本の都市を狙って繰り返し試射されています。

あのミサイル実験は、明らかに日本の都市への正確な核攻撃を想定している。だから日本領海内に何発も打ち込み、実力を示しているのです。

 

ある年配の視覚障碍者から聞いた話があります。

1950年代の学生運動が盛んな時期、盲学校にも左翼活動家が来校し、運動に参加するように勧誘があったそうです。

視覚障碍者の生徒達が参加したいと先生に話したところ、一喝された。

「お前らが参加するのは反対だ。学生たちはお前達を連れて逃げてくれないぞ。機動隊とぶつかった時に、お前達は見捨てられて踏み潰されるだけだ。それでもいいなら参加しろ」と。それを聞いた生徒達は参加をやめた。

平凡であっても、現実を知り常識のある人はどの時代にもいたのです。

 

 メル・ギブソン監督が最高にエンターテイメントな映画を制作できても、白人至上主義者であるように、宮崎駿が素晴らしいアニメ作品を作れるからといって、人間的に良識があるとは言えないのです。