メキシコ関係

メキシコ国境 「キャラバン」無理やり越境試みる

メキシコと米国の国境にいる数千人の移民キャラバンが検問所に殺到し、壁を登ろうとしたために催涙弾を浴びています。 ここまで嫌がられ、その国のトップから「入国させない」とはっきり言われているにもかかわらず、無理やり押し入ってくる。 明らかに異常…

メキシコ ホンジュラスの難民は阻止したい

メキシコからの不法難民の問題でトランプ大統領が叩かれていました。 ところが、さらに南のホンジュラスからメキシコに、数千人規模の難民が押し寄せています。 SNSを使って呼びかけをして集まったのです。 ホンジュラス難民と阻止するメキシコ警官 メキシコ…

メキシコ トレーラー内の死体増える

メキシコのトレーラー内の遺体が増えました。 100体ほどとされていたのですが、 計322体になったとか。 (メキシコ 死体のたらい回しがノーマルな状態に ) ここまでになると、さらに驚くべきニュースがあっても良いのではと不謹慎な期待をしてしまいます。 …

メキシコ 死体のたらい回しがノーマルな状態に

メキシコ西武ハリスコ州にて、身元不明の100体以上の遺体を積んだトレーラーに苦情が殺到しています。 (冷凍車ですが常温保存なので)ハエがたかり、死臭がするためです。 市の遺体安置所が一杯になったので代用していました。 行く先々でクレームがつき、…

メキシコ 映画『ボーダーライン2/ソルジャーズ・デイ』は現実と大差なし

あらすじ 前作『ボーダーライン』で無慈悲に麻薬カルテルへの復讐を遂げたアレハンドロ(ベニチオ・デル・トロ)が主演。 アメリカとメキシコの国境地帯でビジネスを行う麻薬カルテルを壊滅させるため、CIAから新たな任務を与えられるアレハンドロ。 カルテ…

メキシコ オカンポ町の警察官全員、逮捕される

メキシコのミチョアカン州にある、オカンポ町の警察官全員が逮捕されました。 反麻薬カルテルの公約をかかげた、フェルナンド・アンゲレス・フアレス議員を銃殺した容疑によるものです。 主犯のオスカル・ゴンザレス・ガルシア公安部長を逮捕する際、地元の…

メキシコ 70歳で第8子を妊娠中。生命力がすごい国

メキシコはタフな国です。 70歳のメキシコ人女性が第8子を妊娠中だとか。 無事に出産すれば、当然、高齢出産世界記録です。 japan.techinsight.jp 70歳で第8子を妊娠中 メキシコの女性、高齢者出産で世界記録となるか2018/05/24 21:00テックインサイト36 メ…

メキシコ関係 酸のプールに放り込む殺害法はノンフィクションでした

メキシコの映画学校に通っていた3人の学生が殺害されました。 殺害方法はほとんど猟奇殺人のようで、拷問を受けた後に、遺体を酸の樽に放り込まれていました。 明らかに見せしめです。 犯人は、映画学校があるハリスコ州を拠点とする麻薬カルテル「ハリスコ…

メキシコ 「ミイラ博物館」のミイラって行方不明者では?

メキシコでは、2006年から2015年までの10年間に、行方不明者が27,600人以上いるらしい。(アムネスティ・インターナショナルより) この人達はもう死亡しているとみなされています。 麻薬カルテルの抗争に巻き込まれたのか、カルテルに批判的な言動をしたの…

メキシコ 2017年の殺人件数過去最多 目くそ鼻くそを笑う状態だが、国の態度は羨ましい

メキシコに恨みがあるわけではありません。 しかし、現実は一般の報道より複雑です。 トランプ大統領の「メキシコは世界で一番危険な国だ」ツイッター発言に、メキシコ外務省が「世界一ではない」と一蹴したとか。 jp.reuters.com メキシコ、世界一危険な国…

メキシコ麻薬カルテルの残虐さ、更にエスカレート

メキシコは、麻薬カルテルに国ごと乗っ取られています。 NHKは「ジャーナリズムの危機」などと表現しています。メキシコでは、ジャーナリストが麻薬カルテルの批判をすると、確実に殺害されます。 殺害の仕方も残虐で、手足を切断する、顔の皮を剥ぐなど…

映画『ボーダーライン』メキシコ麻薬戦争と渋いコロンビア人

あらすじ メキシコと国境を接するアリゾナ州が舞台。 FBI捜査官のケイト・メイサー(エミリー・ブラント)はメキシコの麻薬カルテルの犯罪に取り組んでいた。しかし、法的に彼女の活動はアメリカ国内でしか行えず、後手にまわるばかりだった。 そんな中、上司…

映画『悪の法則』メキシコ麻薬戦争は恐ろしい。トランプ大統領の発言より怖い

メキシコは、麻薬カルテル同士の戦争状態が続いています。 「抗争」ではありません。「戦争」です。 メキシコでは2007年から2017年までの10年間に、分かっているだけで20万人以上が殺害されています。行方不明者は約3万人いると言わているので、23万人以上は…

映画『正義のゆくえ』と日本の「ゆくえ」

アメリカ新大統領は明日誕生 明日9日午後にはアメリカの新大統領が誕生する。 ヒラリーが優勢な状況だが、どちらにせよ移民問題、とりわけ不法移民に対しては厳しくせざるを得ないだろう。 何故ならば、トランプ支持者がこれ程までに多いとは予想もしなかっ…