読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画『ドラゴン・タトゥーの女』デヴィッド・フィンチャー監督。強い女は美しい。

映画『ドラゴン・タトゥーの女』のルーニー・マーラとドラマ『ミレニアムドラゴン・タトゥーの女』のノオミ・ラパス

映画、ドラマ、原作もほとんど同じ内容なので原作小説のあらすじを。

あらすじ ミレニアム(小説)Wikipediaより

実業家・ヴェンネルストレムの不正を報道した、雑誌『ミレニアム』の発行責任者のミカエル・ブルムクヴィスト。だが、名誉毀損の有罪判決を下され、一旦『ミレニアム』から離れることを決める。それでもミカエルは、ヴェンネルストレムの違法行為を確信していた。
時を同じくして、大企業グループの前会長ヘンリック・ヴァンゲルが、弁護士フルーデを通じて、ミカエルの身元調査を依頼していた。調査を担当したのは、背中にドラゴンのタトゥーを入れた、少年と見紛うような小柄な女性、リスベット・サランデル。 リスベットの調査から、ミカエルを信用に足る人物だと判断したヘンリックは、ミカエルにある仕事を依頼する。それは、36年前に一族が住む島から忽然と姿を消した少女ハリエット・ヴァンゲルの失踪事件の調査だった。ヘンリックは36年経った今も尚この事件に頭を悩まされ続け、一族の誰かがハリエットを殺したのだと信じきっていた。法外な報酬と、事件の謎を解決すれば、ヴェンネルストレムを破滅させることもできる証拠を与えるという条件から、ミカエルは、この如何にも難解そうな依頼を引き受ける。
調査は予想通り難解を極めるが、36年の時を経て、ミカエルは新しい手がかりを発見する。助手が必要となったミカエルにフルーデが紹介したのは、あのリスベットだった。リスベットの協力を得て、妨害に遭いながらも明らかになった事実は、恐るべき連続殺人の真相とヴァンゲル家の繋がり、そしてハリエット失踪事件の顛末だった。

映画→原作→ドラマの順番で鑑賞する。

映画を一番先に観てしまったのがまずかった。

どちらも良作なのだが、スタンスが違う。

 

映画『ドラゴン・タトゥーの女』。アメリカ映画らしくスピード感があり、アクションが前面に押し出されていた。

www.youtube.com

『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』は、スウェーデンのドラマらしく、原作に忠実で渋い猟奇殺人事件。


『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』予告編

 鼻ピアスはする場所を考えないと牛になる

正直に言うと、ドラマを観ている間、鼻柱にある鼻輪が気になって仕方なかった。

ノオミ・ラパスは、美人な役者さんなのに残念。

牛の鼻輪じゃあるまいし。

f:id:ha-kurehanosatosi:20161025203424j:plain

f:id:ha-kurehanosatosi:20161025213743j:plain

しかし、映画をよく見るとルーニー・マーラも牛鼻輪をしていた。目立たないように小さな鼻輪。

ドラマの鼻輪がでかすぎたのだ。

f:id:ha-kurehanosatosi:20161025213812j:plain

f:id:ha-kurehanosatosi:20161020195630j:plain

ルーニー・マーラは、原作通りに20歳前後かと思い込んでいたが、

ルーニー・マーラ31歳、ノオミ・ラパスは 36歳だった。それほど変わらない。

 

日本版で制作するなら、堀北真希蒼井優か。意外なところで宮崎あおい

この3人ならルーニー・マーラに負けないくらいのベッドシーンができそう。

原作からすると細身で小柄な女性なので。

 

ha-kurehanosatosi.hatenablog.com