読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コーラのこと。歯が溶けるとかのデマとエコロジー教育。

サイパン島にて、チェリーコークを飲んだ話を書いた。

チェリーシロップを入れて甘くした、コーラである。
日本人の味覚とは違和感がありすぎて、身体が拒否した。

ha-kurehanosatosi.hatenablog.com

コーラ自体にも元々よい先入観がない。

コーラを飲み始めたのは、30代を過ぎてからだ。
あの黒い液体は、身体に悪いと思い込んでいたからだ。

 

小学生時代に先生や親から、
「コーラを飲むと歯が溶ける」
「コーラには蟻もよりつかない」
「コンクリートも溶かす」
等など、洗脳を受けたからである。

 

ある意味、事実である。
コーラは、酸性の飲み物だから。
が、別にコーラだけが特別に、酸性度が高いわけではない。
カルシウムを含んでいる物質を、
長時間、酸性の液体につければ当然のように、カルシウムは溶け出すのだ。

 

PH値(ぺーはーち)で調べるとすぐに分かる。
酸性PH0─アルカリ性PH14。

PH7が中性。

これより小さい数字なら、酸性。

大きい数字ならば、アルカリ性である。

f:id:ha-kurehanosatosi:20160828202512j:plain

f:id:ha-kurehanosatosi:20160828202451j:plain

PH5.5以下で歯のエナメル質が溶け始める。

表にはないが、レモン(PH2)。コーラ(PH2.2)より酸性である。

黒酢ドリンク(PH3.1)。あまり変わらない。

 結構いい加減な思い込みから、幼い子供に教育が行われていた。

現在でも、おかしな教育が横行している。

 

エコロジーの教育もおかしい。

武田邦彦教授も指摘しているが、
なんでも分別して、リサイクルするのは間違いではないのか。

ecobeingより

リサイクルというのはそもそも、一度使った資源をもう一度資源として使いたい、という希望ですね。ということは、使用後の物質が資源でなくてはならない。ところが、現在リサイクルがいわれている使用後の物質のほとんどは、資源ではありません。典型的なのがペットボトルです(ペットボトル1個が石油から作られるときのコストが約7.4円。リサイクルすると輸送費などの集荷に26円かかる。再生費用の1円と合わせるとリサイクルペットボトルの価格は27円程度で、新品の3倍)。使い終わったペットボトルは実は資源ではないということが、まず一つ目の問題点です。

 

分別とリサイクルの過程で、エネルギー(主に石油)を消費することを度外視している。

元の原料の希少価値が高く、エネルギーを消費することに価値がある場合のみ、リサイクルする意味があるのでは。

 

洗脳教育に対する総括を行っていほしいものだ。

 

コーラ好きは、どんどんコーラを飲もう。
ただし、カロリーが気になる人は、0カロリーを。

ha-kurehanosatosi.hatenablog.com