読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中国有人ロケット、実験室とドッキング成功。バランスの悪いジャイアン。

「宇宙も俺のもの」中国のロケット

10月17日、中国有人ロケットが2人の乗組員を乗せて打ち上げに成功した。

19日には、先に打ち上げられていた宇宙実験室とのドッキングにも成功。

乗組員は、30日間滞在するらしい。

www.sankei.com

とうとう中国も宇宙にまで手を広げ始めた。

日本のマスコミは肝心なことを言わないことが多く、見ている人間は何が起きたのかわからないことが多々ある。

 

日本と違って、中国の宇宙開発は軍事利用が最優先されている。

これは日本以外の他国であっても、常識である。

無人の人工衛星だけでも充分なのに何故、有人ロケットなのか。

これは月や火星へ進出するためである。

月の資源も得られる。また、火星へ人民を送ることも出来る。

 

ドラえもんのジャイアンではないが、

「俺のものは俺のもの。宇宙にあるものも俺のもの」なのだ。

中国国内にある廃墟都市は50ヵ所以上

10月17日の世界まる見えTVから

www.youtube.com

バブルがはじけたのだ。

この荒涼たる風景は、笑い飛ばすにはあまりに恐ろしい。

しかも、普通の国であれば広大な廃墟には様々な人間が集まってくる。

犯罪者はもちろんのこと、ホームレスなどですぐに占拠されてしまう。

ところが、中国の廃墟には全くと言っていいほど人がいない。

無人の廃墟である。

政府の統制が、隅々まで徹底的に行き届いている証拠だ。

 

地上にはこのような廃墟が50ヵ所もありながら、有人ロケットを宇宙に飛ばす国。

あまりにバランスが悪い。

いつか、そのバランスが崩れる時、日本企業や日本国民の受ける影響は甚大であろう。

 

10月5日、パソコンの富士通も聯想集団(レノボ)に買収された。

あの日本が誇るパソコン帝国、富士通がである。

www.nikkei.com

10月18日、ホンダも中国に新工場を作るらしい。

www.nikkei.com

一旦、進出すれば無傷で逃げ帰ることは出来ない。

巨額に投資した工場や人件費は、持ち帰ることが不可能だ。

www.nhk.or.jp

今の中国に進出するのは、

太平洋戦争末期に、満洲国へ工場を作るために渡満するようなものだ。

ha-kurehanosatosi.hatenablog.com