今日の中国78 米国・日本などは、フアーウェイとZTEを締めすことに

世界のスマートフォン市場ではファーウェイとZTE(ともに中国企業)だけで40%を超えています

f:id:ha-kurehanosatosi:20181211165658j:plain

米国、日本、オーストラリア、ニュージーランド、英国などが、その40%を市場から締め出すことを決定しました。

 

約14億人の自国民の情報を完全監視下に置いている国です。

当然、他国の機密情報も監視していると考えるのが常識的です。

 

中国製のPC機器には以前からバックドアがあることが怪しまれていました。

とうとう富士通まで中国共産党に買われてしまった。これでいいのか日本企業 )

ハードウェア自体にバックドア(裏口)があれば、情報の漏洩を防ぐことはまず出来ません。

また、「一帯一路」の対象になっているアフリカ連合のビルにもバックドア(裏口)があります。このビルは中国が寄贈したものです。

今日の中国39 アフリカ連合(African Union)ビルのシステムは中国が掌握 )

 

中国はバックドア(裏口)が大好きな国なのです。

そんな国がスマートフォンだけにバックドアをつけていない筈がありません。

分解すると“余計なもの”が見つかるスマホ 

「ファーウェイの製品を分解したところ、ハードウェアに“余計なもの”が見つかった」そうです。

 

小学生の頃、一生懸命貯めた小遣いで買った置き時計を兄に分解されたことを思い出しました。

機械好きな兄は何でも分解しては組み立て直していました。

私の時計もターゲットになったのですが、小さなバネが残っています。

「よくわからないバネが残った。余計な部品だろう」とトボケて兄は逃げてしまった。

もちろん時計はその日から動かなくなりました。

 

兄が近所にいれば、ファーウェイ製品の分解を頼んでいたところです。

www.fnn.jp

分解したら“余計なもの”が見つかった!?日本政府も「ファーウェイ排除」へ

カテゴリ:国内

2018年12月7日 金曜 午後9:28

プライムニュース イブニング

与党関係者「分解したところハードウェアに“余計なもの”が見つかった」

スマホの売り上げ世界2位の中国IT大手「ファーウェイ」ナンバー2の逮捕。その衝撃が冷めやらぬ中、中国製のスマホを排除する動きが広がっている。

 

日本政府は各府省庁や自衛隊などが使用する情報通信機器について、安全保障上の懸念から、中国通信機器大手ファーウェイとZTEの製品を事実上排除する方針を固めた。

 

岩屋防衛相は7日午前「実際には今のところ使っておりませんので、ふぁ、ふぁ…?ファーウェイさんはね」と話した。

 

与党関係者によると、「政府がファーウェイの製品を分解したところ、ハードウェアに“余計なもの”が見つかった」という。


逮捕されたナンバー2の父・創業者CEOは元軍人

急速に世界トップレベルの企業に成長したファーウェイは、昨年度の日本国内におけるSIMフリースマホ出荷台数が約100万台で1位の人気。

 

世界で初めてカメラレンズを3つ搭載したスマホを開発したほか、ドコモが今年約5年ぶりにファーウェイの製品を発売するなど、日本でも注目されるメーカーの一つだ。

 

取材班がファーウェイのスマホを使っている人を町で探してみると…

 

観光で来日した19歳の中国人学生は「中国で使う分には便利だ。iPhoneも持っているけど、そこまでいいとは思わない」、また38歳の中国人女性は「友達も使っているし機能もとても良いです。ファーウェイを応援している」と話した。

 

実は今回逮捕されたファーウェイナンバー2の孟容疑者の父で創業者の任正非CEOは中国人民解放軍の元軍人。
ファーウェイとZTEは、中国政府と密接な関係が指摘されていて、日本政府の今回の措置はサイバー攻撃を防ぐ狙いがある。ただ中国を刺激しないよう2社の名指しはしない方針だ。

 

中国外務省「相互信頼と協力を損ねることをしないよう日本側に望む」
中国外務省は7日夕方の会見で、「日本で経営している中国企業に公平な競争の環境を与え、相互信頼と協力を損ねることをしないよう日本側に望む」と強調。


すでに日本以外にもファーウェイとZTEの製品はアメリカ、オーストラリア、ニュージーランドの政府機関が排除しており、さらにイギリスの通信大手BTグループはファーウェイの製品を5G(次世代通信規格)から排除する方針を表明した。


一方、ロイター通信はアメリカ当局が「イランとの制裁を回避する違法な金融取引に孟容疑者が関与した疑いで捜査している」と報道。
孟容疑者を保釈するかどうかの聴聞会は現地時間の7日に行われる。


(「プライムニュースイブニング」12月7日放送より)